やっぱり飛行機の勝ち(羽田ANAラウンジ)

Category : 国内旅行
前回、「新幹線の勝ち」と書いたが、何だか不本意に終わった気がするので訂正したい。
やっぱり飛行機の勝ちだ。

こういう特典があるとやはり飛行機の方が断然良いと思えてくる。
羽田空港のANAラウンジである。
前にも書いた気がするが、ANAのラウンジは選ばれし者だけが利用できるエグゼクティブな空間である。
(いかにANAに対してお金を使ったかによって資格が与えられる。)

僕はこれから伊丹へ飛ぶ。
岩国初便のブログ記事をANAラウンジからアップしようと思い、
新幹線で直接名古屋へ帰ることはやめ、一旦伊丹行きに乗ることにした。
フライトレポートは後日にして今回は羽田のANAラウンジを紹介したい。

羽田のラウンジは過去に1度か2度使ったことがある。
しかし、全く見覚えのない景色に、
「あれ?羽田のラウンジって初めてだっけ?」と不思議な感覚を覚えた。

以前行ったことがあるのは別のラウンジだったのかも知れない。
それともANAのラウンジはリニューアルされたんだったか。
羽田の事情が全然分からないのは、マニアとして恥ずかしい限りである。


20121213_IWK-71.jpg
ひ、ひ、広い。
さすが日本最大の(国内線)空港、ANAのベース空港である羽田だ。
他の空港のラウンジの比ではない広さに驚愕してしまった。


20121213_IWK-73.jpg
しかし、この日のこの時間(9時半~11時半頃)は比較的空いていた方かも知れない。
この通り空席が目立った。


20121213_IWK-72.jpg
僕はここで仕事、いや趣味のブログをアップしていた。
PC専用のデスクは前に目隠しみたいな板があってとても仕事、いや趣味がはかどる。
一番端に座ろうものなら、もの凄い集中力が発揮できるのだ。
眼を閉じるのも忘れるほどである。
(ピーチ初便のとき、新千歳のラウンジでブログを書いていたら眼が充血していた。)

大阪まで飛行機で1時間、新幹線に乗っても2時間半だ。
空港までのアクセスを考えると新幹線の方が早いこともある東京-大阪だが、
ラウンジでゆっくりできる時間があるのなら、僕は積極的に飛行機を選びたいと思った。

ラウンジを使えない人はどうなるんだということは触れないことにして、
自信を持って前回記事のタイトルを訂正しよう。
「やっぱり飛行機の勝ち」だ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索