スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









787搭乗記(羽田-伊丹)Part2

Category : Boeing787
今回と次回は羽田-伊丹の機窓をお送りしたい。
その前に一つ主張を。

20121213-NH23-11.jpg
787の耳ツン問題について、やはり僕の耳はツンとする。
機内高度が何ftであったかは不明だが、それなりの変化率があるときはさすがにツンとするわけだ。
ただ、程度は他機に比べて緩い感じはする。
(787に乗るとどうしてもこのことを言いたくて仕方がなくなる。)


さて、本論。

20121213-NH23-12.jpg
三浦半島の奥には房総半島。


20121213-NH23-13.jpg
大島、新島など伊豆諸島の島々。

羽田-伊丹が太平洋岸を飛行するとは知らず、富士山が右側に見えると分かった時は焦った。
「あれ?もう伊豆半島?」
僕はすぐに気付いてトイレに行くふりをしてR4のドアに張り付いた。


20121213-NH23-14.jpg
芦ノ湖。
上空から見ると非常にカルデラ湖っぽく見えるが、Wikpediaによると違うらしい。


20121213-NH23-15.jpg
富士山。
この時期の雪をかぶった富士山は本当に美しい。


20121213-NH23-16.jpg
せっかくなのでズームアップで。


20121213-NH23-17.jpg
機内の様子。この便は結構混雑していた。
787の便は他の機材に比べて搭乗率が良いと聞くが、何だかこの便もそんな気がした。

この写真を見ると、トリプルセブンのキャビンにとてもよく似ている。
しかしこれは最新鋭の787だ。
見えるところはそのままに、見えないところに新しい技術を使う。
ボーイングの古き良き時代を大切にする、いや、そんなコンセプトがあるかどうかは知らないが、
保守的に見えて革新的なボーイングの設計思想に結構感心する自分がいた。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。