那覇空港ANAラウンジ

Category : 那覇空港
那覇空港に到着。
選ばれし者だけが入れるエグゼクティブな空間に直行だ。


20130209-OKA-LOUNGE-02.jpg
たたずまいはさすがに一流エアラインだ。

スマホをかざして入ろうと思ったら「ピロロン」ではない変な音が。
僕は入室を断られた。

「な、な、なんでオレが!」と怒りを抑えて、
GHにスマホを渡すと「保安検査所通られました?」と聞かれた。

那覇空港は伊丹空港などと同じで、出発客と到着客の動線が分かれておらず、
搭乗待合室でゴタゴタになってしまう構造である。

1時間の乗り継ぎ時間なので、僕は一旦外に出るつもりもなく、
降りてすぐにラウンジに直行したため、保安検査場は通っていない。
それが僕が入室を断られた理由なのか?

いや、僕みたいな乗り継ぎのパターンは五万とあるはずだ。
ただ、乗り継ぎ客全員に乗り継ぎ処理されてなかったりするものだから(多分)、
恐らくICをかざす機械のソフトウェアが全てのケースに対応していないんだろう。

スマホを端末にかざすとすぐに、
「確認できましたのでお入り下さい。」と言われたので黙って入った。
一体何が問題だったのか。
結局よく分からないままだ。


20130209-OKA-LOUNGE-03.jpg
入り口のたたずまいは一流なんだが、ここのラウンジはえらく狭くて中は二流だ。
細長くて、何だかぎゅうぎゅう詰めな感じなのだ。
この写真ではガラガラのように見えるが、羽田行きの飛行機が行った直後で一時的に空いただけである。


20130209-OKA-LOUNGE-04.jpg
これはラウンジのごく一部の写真に見えるが、これが那覇空港のラウンジのほとんどの部分である。
タダでジュースやビールが飲めるものだから、みんな無理して入ってくる感があって、
ここで席の奪い合いをしていると、自分を含め皆が貧乏くさく思える。
「なにビールにたかってんだよ」ってな感じで。

ただ、このラウンジのいいところは飛行機が見えるところだ。
しかし、音がしてからレンズキャップを外していては遅い。


20130209-OKA-LOUNGE-05.jpg
せっかくの離陸シーンがこんな風になってしまうのだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索