スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









西から昇る太陽

Category : 那覇空港
先の那覇-中部線で、僕は初めて見る現象に遭遇した。
西から日が昇る現象だ。
「西から昇ったお日様が東へ沈む♪」というバカボンの歌は実は本当に起こりうることである。


20130209-OKA-NGO-04.jpg
時間的に考えると、地上では沈んだはずの太陽。
しかし雲を抜けると太陽が半分だけ顔を出していた。
徐々に徐々に丸になってくる。
そう、まさに西から太陽が昇ってきたのだ。

以前、ブログにも書いたが、上空に行けば上空に行くほど日没の時間は遅れる。
それがこちらの記事(↓)
●なかなか沈まぬ太陽

上記記事では何ftの上空で何分日の入りが遅くなるかを計算している。
すなわち、地上で沈んでしまった太陽が高度何ftだと何分間長く見られるかを計算したものである。
だから飛行機の上昇率によっては太陽が西から昇ってくるという、
一見常識では考えられない現象が起こるのだ。

西から昇る太陽は結構感動的だ。
その違和感がたまらなくいい。


20130209-OKA-NGO-05.jpg
非常に分かりづらいが、一応昇りきった太陽。
昇ると言っても元々沈みゆく太陽なので、昇るスピードはとても遅い。
でも上半分しか見えなかった太陽が、やがてちゃんとした丸に見えたので、
太陽が昇ってきたという事実に間違いはない。

巡航高度に近づくと飛行機は上昇しなくなるので、再び太陽は沈んでいく。
太陽は沈み、飛行機は昇る。
飛行機の昇る速さが大きいから太陽は昇ってくるように見えたのだ。
飛行機の昇る速さが0になったとき、太陽は普段の速さで沈んで行く。


20130209-OKA-NGO-06.jpg
完全に太陽は沈んだ。

僕はとても珍しい現象を見た気がして、嬉しくて嬉しくてたまらなかった。
しかしよく考えると、タイミングさえ合えば日本中、世界中のどこでも毎日同じ現象が見られる。
別にこの日この時間でなくても見るタイミングはいつでもあるのだ。

なんて夢のないことを言ってみるが、僕は純粋に嬉しかった。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。