ジェットスタージャパン 福岡-中部 搭乗記(その1)

Category : ジェットスター
あれから10日程経ったが、このブログはまだ3月31日のままだ。
一度飛行機に乗ると、延々と同じ話題で引っ張るのが僕の得意技である。

さて、行ってみよう。

エアアジアジャパンの初便に乗り福岡に着いた僕は、例の如くとんぼ返りだ。
13時45分に福岡に到着するスケジュールであったので、
15時35分発のジェットスターで中部に帰ることにした。
ちょっとくらいゆっくりしたいが、それはできない。
僕には家でお腹を空かせて待っている人がいる。


本題に入ろう。
福岡空港では、国内LCCは第一ターミナルから発着する。

20130331-GK436-01.jpg
ANK、いやANAのカウンターの右側にジェットスターのカウンターはあった。


20130331-GK436-02.jpg
すぐ右側にはピーチとエアアジアのカウンター。
これを見るとジェットスターが一番豪華な作りであることに気付く。


20130331-GK436-04.jpg
僕が選んだ座席は非常口席。
普通の席ならばWEBチェックインができるのだが、非常口席に座る人は、
緊急脱出の際の援助を要請されるため、その資格を満たしているかどうか、
カウンターに出向いて確認を受けなければならないのだ。

ちゃんとしていると言えばしている。
ただ、「そこまでしなくても」と思ったりもする。
その件はまた後ほど。


20130331-GK436-03.jpg
パタパタボード。
このパタパタは今時珍しく、たいそう旅情をそそる。
新興のジェットスターもエアアジアもちゃんとパタパタの中に入っている。


20130331-GK436-05.jpg
搭乗が始まった。
「LCCは遅れる」というイメージを払拭するようなオンタイムでの搭乗だ。


20130331-GK436-06.jpg
スポットは確か18番。
遠いとは言え、徒歩での搭乗である。


20130331-GK436-07.jpg
一瞬気付かなかったが、な、な、なんとシャークレットではないか!
最近の航空業界で「シャークレット」と言えば、このウィングレット付きのA320のことを指す。

機番はJA08JJ、日本初のシャークレット付きA320である。
調べると2月22日に日本に到着したピカピカの機体だ。
実物を見ても写真を見ても、テカり方が違って見える。

ジェットスタージャパンのプレスリリースによると、
シャークレットを付けることにより燃料消費を4%節減できるそうである。


20130331-GK436-08.jpg
オープンスポットからの搭乗は毎回ワクワク、ドキドキだ。


20130331-GK436-09.jpg
V2500エンジン。
同じA320でもエアアジアやピーチとは異なるエンジンである。

よーく見ると、エンジンの中が青い。
787のコーンが青いとか、トリプルセブンのエンジンの中が緑色だとか、
新しい飛行機はエンジンが青いというのが少し前に話題になったことがある。
このA320でもエンジンの中が青かった。

ピカピカの真新しい機体。
機内もきっと真新しい匂いがするんだろう。
僕は初めて787に乗る時のように、ドキドキしながらタラップを登った。


つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索