スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









アッパーデッキに軍配(デルタ航空ビジネスクラス搭乗記)

Category : ビジネスクラス
中部行きのゲート前。


20130309_DTW-NGO-03.jpg
「スカイチームのエアラインを3つ答えよ」といわれても僕は答える自信がない。
こんな風にデルタ、KLM、エールフランスと書いてくれれば、
「あ、そうだったそうだった」と思い出す程度だ。
それほどまでに僕はスカイチームには疎い。


20130309_DTW-NGO-04.jpg
前回記事の噴水の前、とてもナイスなポジションはA40番ゲートである。
ひとつ覚えておこう。

さて、帰国便もビジネスクラスだ。
往路にメインデッキ、Aコンパートメントに座ったので、復路はアッパーデッキを指定してみた。

20130309_DTW-NGO-05.jpg
毛布やら枕やらアメニティキットやらが椅子に積まれている。
問題はこれらを使わないときにどこに置くかである。

そう、それこそが今回のポイントだ。


20130309_DTW-NGO-08.jpg
往路のメインデッキ席ではこの足元に詰めておくしか方法がなかった。
基本的にここは寝るとき以外には使わないから、中に押し込んでおけばよいのであるが、
何となくスペースを有効活用できていないところが悔しいのだ。
しかも詰めが甘いと、ポロンと落ちてきて足元が散らかってしまう。

その悩みがアッパーデッキでは見事に解消される。


20130309_DTW-NGO-06.jpg
ここに置くのだ。
従来型の2-2のシートコンフィギュレーションだと、物入れになっている窓際のスペースである。


20130309_DTW-NGO-07.jpg
ほら、こんな風に置いておける。
これで一気に布団の悩みが解消したわけだ。

また、このスペースにはカバンやノートパソコンを立てて置いておくこともでき、
テーブルの上を本当に必要なものだけにしておける。
それがアッパーデッキの最大のメリットである。


20130309_DTW-NGO-12.jpg
しかもアッパーデッキは通路が広い。
パーティションだらけなのにあまり狭さを感じない。
むしろメインデッキよりも広い感じさえする。
また、人数が少ない分、特別なフロア感が出ていい。

ただし一点、欠点を挙げれるとすれば、アッパーデッキは窓がやや上を向いており、
座席から窓が遠いこともあって外の景色がとても見にくいことだ。
ほとんど景色が見えないと言ってもいい。

しかしメインデッキであっても元々このタイプのシートは席から窓が遠いため、
さほど外の景色の見え方は変わらないだろう。

結論。
欠点はあるものの物置きの存在や雰囲気を考えると、
トータルとしてアッパーデッキの勝ち。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。