タクシーに乗って生み出す価値

Category : 海外旅行
パリ旅行中はバス以外、タクシーにもよく乗った。

20130508-01.jpg
フランスでは黒塗りのベンツだってタクシーに使われている。
日本では怖いお兄チャンが乗ってそうな高級車もごく普通のタクシーである。

日本よりも初乗り運賃が安い(2.5ユーロ)こともあってとても乗り易い。
タクシーのメリットはとにかくドアtoドアで目的地まで連れて行ってくれることだ。
バスを待つ時間、バスを降りてから地図を見て目的地に辿り着く時間を省略できる。
時間がない時には本当に助かる。

雨の中、チョコレート屋さんにタクシーで横付けし、
そのタクシーを待たせて、最終目的地のご飯屋さんに向かったこともあった。
普段の生活からするとあり得ない贅沢であるが、旅行先ではそれも必要な時間節約の方法である。

雨の日に繁華街でタクシーを捕まえるのは至難の業だ。
雨の中、タクシーを逃してしまっては何十分ロスするか分からない。
過去の経験では捉まえるのに1時間くらい掛かったこともあった。

日本ではやむを得ない時以外絶対に使わないタクシーであるが、
僕は旅行に行くと急にタクシーを使い出す。
少し気持ちが大きくなって財布の紐が緩むからというのもあるが、
それ以上にお金で時間を買っている面が大きい。

1000円払ってタクシーを待たせたとしても、
節約した時間で有効になる価値の方が大きいければ1000円を払っても得をしたことになる。

旅行中、「これ、パリでしか買えないんだよ」なんてフレーズをよく聞いた。
その「パリでしか買えない」という価値をタクシー代で最大化できるのなら、
少しだけ羽振りをよくしても悪くはないと思うのだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索