スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









カタール航空ビジネスクラス搭乗記(ドーハ-パリ)その2

Category : ビジネスクラス
食事の時間が終わると窓が閉められ、就寝タイムがやってきた。
僕はこの慣習がどうも納得できない。
夜のフライトならば理解できる。
朝発で昼着のフライトなのに何故窓を閉めるのか?


20130428-QR19-15.jpg
クルーが開いている窓を締め始めるから、
皆真似をして自分のところの窓を閉め始め、
結果的に自分の座席の窓だけが開いていることになり、
なんとなく雰囲気を察して閉めなければいけなくなるのだ。

ドーハからパリまでは約7時間のフライトである。
ドーハとパリの時差はたったの1時間で到着時刻は14時20分だ。
夜が来ないフライトなのに、窓を閉めるのは何故なのか?


20130428-QR19-16.jpg
さて、2度目の食事はこれだ!
おっと、失礼。
読めねぇか。


20130428-QR19-17.jpg
英語版はこちらだ。
アラビア語は右から読むため、アラビア語をメニューブックの右側に置くと、
左側から読む他の言語と相性が良い。
完全に左右対称になるのだ。


20130428-QR19-18.jpgビーフサンド。
マッシュルームたっぷりで激しいボリュームだった。
日本発の路線にあった繊細さに欠けるメニューだ。
実はあまり美味しくなかった。


20130428-QR19-19.jpg
食事の後はコーヒーとクッキー。
カントリーマアムの大型版みたいなクッキーだった。


20130428-QR19-20.jpg
パリも近づいてきたので、率先して窓を開けた。
そしたら皆、パラパラと開けだした。

窓を閉められ、照明も消されると手元が見えないので正直困る。
欲しいものがカバンから取り出せない。
「あれが欲しい、これが欲しい」となる子連れには大変なのだ。
だから昼間のフライトでは窓を開けておいて欲しい。


20130428-QR19-21.jpg
アラビア語でヨーロッパを表現するとこんな感じだ。


20130428-QR19-22.jpg
シャルルドゴールへアプローチ。
離陸時に見えた一面の砂漠から一転、のどかな農村地帯の風景が広がる。


20130428-QR19-23.jpg
シャルルドゴールは第一ターミナルに到着。
サテライトから丸い形をしたメインビルまでは地下通路で繋がっている。
大きな円を小さな円が取り囲む、まさに「サテライト」というのがしっくりくる構造である。


20130428-QR19-24.jpg
降機し、メインのビルに入るとこのチューブが迎えてくれる。
縦横無尽に走る感じのチューブがシャルルドゴール第一ターミナルの特徴である。
随分と古いが、そのまた昔からこんな洒落たターミナルビルがあったことはとてもフランスらしい。

入国もスムーズ。
タクシー乗り場も全く混んでいなかった。
日本より少しだけ冷たい空気を吸い込み、僕らはタクシーに乗り込んだ。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。