スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









デルタ航空国内線ファーストクラス(MD-88)

Category : 海外旅行
デルタ航空国内線、機材はMD-88である。
MD-90よりも長い気がするがよく知らない。
日本にはなかった機材だからだ。


201306_DLMD88-01.jpg
ゲートに到着したばかりのMD-88。
ボーディングブリッジが付いてしまうと、DELTAと書かれた部分が隠れててしまうので、
この写真を撮るためにはちゃんとゲート前にスタンバイしていなければいけなくて、
結構本気になっていないと撮れないことに気付いてくれる方は恐らく同業者の方だ(笑)。


搭乗はファーストクラスの乗客から。
僕は一応ゴールドメンバーであるので、
数日前になると座席が勝手にファーストクラスにアップグレードされる。
(と勝手に思っている。)


201306_DLMD88-02.jpg
これがMD-88のファーストクラスである。
ファーストクラスなんて聞くと「さぞかしゴージャスな座席が付いているのだろう」
と思ってしまいそうだが、何のことはないえらくクラシカルなシートである。
まぁ国内線なのでこれで十分である。


201306_DLMD88-03.jpg
こちらがエコノミークラス。
前から3席がエコノミーコンフォートとなる。


201306_DLMD88-04.jpg
エコノミーコンフォート最前列。
もしかしたらこちらの方がファーストクラスよりもシートピッチが広いかも知れない。
ただ横幅が狭い分、やはりファーストクラスの方が快適だと思われる。


201306_DLMD88-05.jpg
上昇中、雲を抜けると自機の影が雲に映った。
MDシリーズとすぐに分かる特徴的な影だ。
日本では完全に引退してしまったMDシリーズだが、アメリカでは現役バリバリで飛んでいるのだ。

ベルトサインが消えると機内サービスが始まった。
ファーストクラスの乗客には飲み物に加えてちょっとした食べ物が貰える。
僕はそれをアテにして朝ご飯を抜いてきた。
バナナとクッキーを貰ってそれを朝ご飯にした。

ファーストクラスとエコノミークラスとの差異は、
座席が広いことと食べ物を貰えることの2つである。
ただそれだけであるが、追加料金なしでファーストクラスに座れることはとても有難い。


201306_DLMD88-06.jpg
デトロイト・ウェイン・カウンティ空港へは、
一旦空港の脇をかなり高い高度で通過し、ぐるんと回って降りる方式をとる。
若干雲に隠れてしまって残念だが、ここは日本では考えられないくらい大きな空港である。

デトロイト到着後、僕は別の便に乗り換えた。
次の便の機材がCRJであるので、
メインのターミナルから小型機が主に使用するターミナルまで地下通路を通っていった。


201306_DLMD88-07.jpg
地下通路へ降りるエスカレータからA40番ゲートいるトリプルセブンを見上げる。

デトロイトは大空港の割に作りはシンプルでとてもスッキリしている。
乗り継ぎにはとても都合のよい空港だと感じる。
成田のように入り組んだ空港ではなく、
基本的に直線状になっているターミナルビルはやはり使いやすい。
何の面白みもない空港であるが、僕はデトロイトが結構好きだ。

ここから僕はCRJに乗り換え、国外へ逃亡を図った。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。