伊丹で最も危険な場所

Category : 伊丹空港
伊丹で良くある話。
RWY32R(短い方の滑走路)に着陸機があるのに、
RWY32Rでの離陸許可、または横断許可を出してしまうこと。
待機せよと言われているのに、滑走路に入ってしまう、または横断してしまうこと。

よく管制ミスだとかパイロットの誤認だとかで話題になる話だ。


20130711_ITM-14.jpg
こんな風に手前の短い方の滑走路にも、ジャンジャン飛行機は降りてくるので、
この滑走路に入る、または横切るときは細心の注意を払わねばならない。


20130711_ITM-13.jpg
RWY32Rに着陸機があるときにこんな風になると、着陸機はゴーアラウンドとなる。
そしてニュースになり、パイロットのミスだの管制のミスだのと叩かれる羽目になる。

ただやはりこの場所は、チェックリストを流している忙しい場所でもあるので、
誤認が起こりやすい場所であるのはちょっとだけ理解できる。

特にANA側のエプロンからは近いため、特にRWY32Rからの離陸機はとても忙しい場所となる。
チェックリストを終わらせないと出発できないからだ。
だから誤認してもいいという話ではないが、気持ちは分からんでもない。


20130711_ITM-15.jpg
全然関係ないが、接地した瞬間に出るこの白い煙が大変そそるのである。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索