セントレアのプレミアムカウンターに満足(ANA国内線搭乗記)

Category : 国内旅行
先日3泊4日で北海道、支笏湖に行ってきた。
去年も行った「水の謌」という温泉リゾートに泊るためだ。

4日間中4日間雨に降られ、支笏湖畔で遊ぶことが全くできなかったのだが、
それはおいおい旅行記という形で報告するとして、
まずは新千歳までの搭乗記と行きたい。

セントレア発11時45分のANA便に乗るため、約1時間前の10時50分に空港に着いた。
プレミアムカウンターに直行し荷物を預けた。


2013JUL-NH707-01.jpg
このセントレアのプレミアムカウンターは対応がひどい。
いや、ひどかった。

聞違った案内をするわ、座席配置に関する基本的な質問に答えられないわ、
ちょっとしたお願いをするともたついて、えらく時間が掛かるわ、
少し前はそもそも人が立っていないことすらあって、今まで散々な目に遭ってきた。

「今日もまた冴えない対応を受けるんだろうなぁ」と思い、
僕はテンション低めでチェックインをした。

係員の女性はとても愛想が良かった。
そして操作も早かった。
ちょっと複雑な形態の予約にしていたので時間が掛かるかなとも思ったが、
凄いスピードで操作を行ってくれ、ストレスを感じることはなかった。

息子が「ベビーカーのりたいー」と遠くで叫んでいるのを聞いて、
自ら「すぐにベビーカーをご用意致しますね」と言ってくれた。

こんな対応は初めてである。
そういったさりげない気付きが嬉しいのだ。
セントレアでもこのレベルの接客ができるのかと、僕は少し感心した。
そして改心した。
セントレアのプレミアムカウンターも捨てたもんじゃないと。

セントレアのプレミアムカウンターでの初めての満足感。
幸先の良い旅のスタートとなった。


2013JUL-NH707-02.jpg
本当はスカイデッキで写真を撮りたいところだ。
しかし外は雨、諦めて早々に制限エリア内に入ることにした。


2013JUL-NH707-03.jpg
一応寄れるところには寄っておこうということでラウンジ。
何度も書いている気がするが、セントレアのラウンジはJALとANAの共同ラウンジである。


2013JUL-NH707-04.jpg
この広さで共同ラウンジ。
いつもガラガラである。
セントレアにはいかに上級顧客が少ないかがわかる。
ANAだけのラウンジを作ると採算が取れないのだろう。
共同ラウンジでもこのガラガラ具合だ。

空いているラウンジは好きだが、ここまでいつも空いていると
名古屋という街に少し嫌気が差したりもする。
所詮名古屋は東京と大阪の間にある中途半端な都市であることを
否応なしに突き付けられている気がした。


2013JUL-NH707-05.jpg
どうせ機内ではゆっくりコーヒーなんか飲んでいるヒマはないからと
「アイスカフェラテ」を作り搭乗前のひと時を楽しもう、と思ったら、、、

「ひこーちみたい(見たい)」と言い出す坊主が一名。
僕はANAのベビーカーをひき、5分しか滞在しなかったラウンジを後にした。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索