スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









これだけ食べれば確実に飽きます。(水の謌宿泊記2013年夏)

Category : 国内旅行
僕がブログで食べ物の写真をここぞとばかりに載せるのは滅多にない。
でも撮ってきたからには載せようと思う。

水の謌のレストラン「AMAM(アマム)」。
ほとんど唯一の水の謌のレストランである。


201307JUL-MIZUNOUTA-21.jpg
写真左手に見えるドアが、玄関から入るドアである。
宿泊棟から小道を歩いてきて、一度玄関に出て、再びレストラン棟に入るという手順を踏む。


201307JUL-MIZUNOUTA-22.jpg
階段を上らずに階段を左に曲がるとレストランである。


201307JUL-MIZUNOUTA-23.jpg
こんな風にとてもモダンかつシンプルでありながら、どこか高級感を感じるレストランである。


201307JUL-MIZUNOUTA-24.jpg
様々な人数に対応できるよう基本的には2人掛けから6人掛けまでのテーブルが用意されている。


201307JUL-MIZUNOUTA-25.jpg
カウンターがあるのがこのレストランの特徴だ。
窓の外を眺めながらの食事は格別である。


201307JUL-MIZUNOUTA-26.jpg
夕食の最も重い食べ物の置いてある「通り」。
シェフが焼いているのが牛肉である。
これの出来立てが美味しい。

皆、焼きあがるのを待ってから皿に取り分けていた。
大量にトングで掴んで持っていく人もいたが、
肉ばかり食べたていら他のものが食べられなくなるし、
何だかみっともないのでそれはやめた方がいいと思う。


201307JUL-MIZUNOUTA-27.jpg
比較的小物類の置いてある「通り」。
ただ、ここだけの話だが、これらは見た目ほど美味しくない。


201307JUL-MIZUNOUTA-28.jpg
こちらはデザートの「通り」だ。
一番手前の「樽前(たるまえ)シュー」はとても美味しい。


201307JUL-MIZUNOUTA-29.jpg
フルーツは少なめである。
夕食のときはブドウとパイナップルとオレンジ。
手前に品の良い和菓子が置いてあるのがGODDだ。


201307JUL-MIZUNOUTA-30.jpg
僕のセレクションその1。
例のお肉と刺身、そして野菜を少々に、揚げ物類を持ってきた。


201307JUL-MIZUNOUTA-31.jpg
翌日の僕のセレクションその2。
生ハムがとても美味しい。

夕食はブッフェ+メインという構成になっている。
毎日異なるメインが出てくるので連泊しても安心である。
ただ、実はそれほど美味しくない。


201307JUL-MIZUNOUTA-32.jpg
1日目の夕食はローストビーフ。


201307JUL-MIZUNOUTA-33.jpg
2日目の夕食はこの魚、何だったか忘れた。


201307JUL-MIZUNOUTA-34.jpg
3日目の夕食はロワイヤル。
いわゆる茶碗蒸しだ。


そしてデザート攻撃。

201307JUL-MIZUNOUTA-35.jpg
イチゴ系と樽前シュー。


201307JUL-MIZUNOUTA-36.jpg
コーヒー系チョコ系と樽前シュー。
毎晩、樽前シューは欠かせない。


続いて朝食。
アマムでの朝食で一番嬉しいのは炊き立てのご飯が出てくることだ。

201307JUL-MIZUNOUTA-37.jpg
ストウブで炊かれたご飯はツルンツルンのピッカピカ。
「これぞ日本の朝食!」という感じで、僕は死ぬまで食べたかったのだが、
そこは気持ちを抑えて、


201307JUL-MIZUNOUTA-38.jpg
たったこれだけの3色丼にしてみた。

実は朝食を食べ過ぎると調子が悪くなる。
その後何もできなくなってしまうのだ。

基本的に旅行中は朝昼晩問わず食べすぎる傾向にあるので、
僕は意識的に食べないようにしている。
だからなるべく「朝」を抑えている。


201307JUL-MIZUNOUTA-39.jpg
別の日もこれくらいに抑えたりした。


201307JUL-MIZUNOUTA-40.jpg
沢山あるのにこれだけに抑えるのは非常に辛いことだ。
「食べなきゃ損」という精神が働いてしまうのを無理やり押し殺さないといけないのが苦しい。

貧乏根性のせいか、飛行機の中では何故か食べ過ぎてしまう僕だが、
ホテルではその貧乏根性を見せることはなかった。
多分、「また明日食べられるだろう」と思えたからだろう。


3泊4日で何度食事があっただろう。
1泊目の夕、2泊目の朝夕、3泊目の朝夕、4日目の朝の合計6回である。
これだけの数の食事を同じレストランで食べるのは人生初である。
朝と夕はもちろん異なるラインナップであるが、
朝はずっと同じ、夕もずっと同じであった。

それだけ食べるとどうなるか。

ハッキリ言って飽きる。

2日目から既に飽きが来る。


「またこれか・・・」という気になってあまり美味しく感じなくなる。
刺身も牛肉もあまり美味しくなくなる。

というか、ここ「水の謌」は元々そんなに食事が美味しくない気がする。
そんな美味しくない食事を3泊4日も食べれば、そりゃ飽きるということだ。

だから結論。
「水の謌」は2泊くらいで充分である。
2日間温泉を堪能し、あとは「良かったね」と少し物足りないくらいの気持ちで帰った方がいい。
さすがに4日間もいると飽きてくる。


でも一つだけ、飽きなかったものがあった。

201307JUL-MIZUNOUTA-41.jpg
部屋にあるコーヒーマシン。
何てことのないフツーのネスレの豆だが、
あえて「アマム」でコーヒーを飲まず、部屋に帰って飲むのが僕のスタイルになった。

何故だか、このコーヒーマシンで出すコーヒーがうまいのだ。
何故だか、これだけは飽きなかった。

変なの…。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。