温泉の正しい入り方、でもどうすりゃいいんだ!

Category : 国内旅行
実はここに来て、温泉の入り方を初めて知った。

201307JUL-MIZUNOUTA-04.jpg
(この先が水の謌の温泉である。)

何となく今まで、体を洗ってからお湯に浸かるのがルールだと思っていたが、
ササっと体を流して入るのが流儀らしい。

理由は、温泉に入ってから体を洗った方が汚れが良く落ちるからだそうだ。
湯に浸かって肌を温めると、角質が落ちやすい状態になるという。
ただ、服を脱いですぐに湯船に入るのは衛生面で問題があるので、
ササっとシャワーで体を流して入るというのがルールらしい。
(そりゃ当たり前だ。)

そして、出るときも体を拭いてはいけないらしい。
なるべく自然に乾燥させた方が良いと言うのだ。
暑いからと言って、冷水でシャワーを浴びるのは言語道断である。
理由は温泉成分が肌にとどまるからだと言う。

ごもっともだと思った。

温泉は成分が命である。
ただ体を温めるだけではなく、温泉の湯に含まれる色々な成分を体にくっつけて
帰るのが最も効果的な温泉の入り方だ。

しかし、体を拭くなと言われても、拭かずに出たら脱衣所がべたべたになってしまう。
どうしたらよいというのか???

屋内風呂の中は自然乾燥するには湿度が高すぎるし、露天風呂に出たら寒くて風邪を引く。
とするとサウナで水だけ蒸発させるか?
いや、汗で温泉成分が流れてしまうから逆効果だ。
やはり体を拭かずに出るにはどうしたらよいのか分らない。

脱衣所にあった「温泉の入り方」という書き物の中にも
明確な答えが書かれていなかったように思う。
永遠のテーマになりそうだ。


さて、ここで水の謌のお風呂周りの施設について。


201307JUL-MIZUNOUTA-05.jpg
温泉の入口付近にはこんなリラックススペースが設けられており、
マッサージチェアに座ったり、本を読んだりして過ごすことが出来る。
ただ、この場所はエアコンの効きがあまり良くなく(他の場所と同じエアコンの効き具合)、
風呂上がりの体には少々暑く感じる。
もう少し冷やした方が需要が出るのではないかと思う。


201307JUL-MIZUNOUTA-06.jpg
こちらは枕ショップと兼用になっている水売り場。
色々な水が置いてある。

ただ、値段が高い。
買いたいと思わない。
水を買おうと思うには、それなりの理由が必要であると思う。
誰も買っているところを見たことがなく、全く需要がないと思われる。
本気で売りたいのならば、宣伝広告をもっと考えた方が良さそうだ。


なんだか注文を付けてばかりになってしまったが、
肝心の水の謌の温泉はというと、とても柔らかくてお肌がスベスベになる泉質で、
何度も何度も入りたくなる温泉である。
男性の僕でも湯から上がるとお肌がスベスベで何だか気持ちがいいので、
女性の方々にはもっと気持ちがいいと感じてもらえることだろう。

正しい温泉の入り方を守り、1日2回お風呂に入れば
きっと大満足で帰れることだろう。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索