スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









洗濯の自由 ~旅先で洗濯をすべきか~

Category : 国内旅行
最近、というかGWのパリの旅行から、

旅先で洗濯をすることにハマった。

理由はただ一つ。
帰ってきてからが楽なこと。

旅行自体は楽しけれど、家に帰ってくると毎度毎度ヘトヘトである。
そのヘトヘトな状態で何が面倒かって、
スーツケースを開け、使用済の服をまとめて洗濯をすることなのだ。

もちろん1回では終わらない量なので、最低2回は洗濯することになる。
そうすると洗濯自体が面倒なこと以外にも、
ハンガーがないとか、干す場所がないとか、雨が降ってきたとか、
そういう諸問題が発生してますます面倒なことになることがある。

「翌日に回せばいいじゃないか」と言われるかも知れないが、
なるべく嫌なことは早く済ませておきたいので、どうしてもやってしまう。
これが結構大変なのである。


それで。

201307JUL-MIZUNOUTA-08.jpg
「水の謌」にはコインランドリー設備があった。
1回300円というのは少々高く感じたが、
今回どうしても洗いたいものがあったので、300円を払って洗濯してみた。

実は2回洗濯をした。
計600円。

あと、洗濯以外にも乾燥が必要である。
乾燥機は30分で100円だ。
1回目は少量だったので30分のみ(100円)、
2回目は沢山あったので1時間乾燥機を使った。(200円)
掛かったお金は合計で900円である。

ポイントは、

旅先での手間を増やす「洗濯」という行為を、

わざわざ1000円も払ってするかということだ。

それにどれほどの価値を見い出せると言うのか。


結論から言うと、

旅先での洗濯は積極的にすべきだ。

確実にその価値を見い出せる。
帰ってきてからが本当に楽なのだ。
帰宅後の洗濯はもちろん必要だが、少量かつ1回で確実に済む。

しかも家に帰ってきてからの片付けが非常に早く終わる。
洗って持って帰ってきたものを、
いつもしまってある場所にポンポンと放り込むだけで済む。
洗濯と合わせて確実に1時間以上を節約できていると感じるのだ。

旅先で手間と出費を増やす「洗濯」という行為。
その対価として僕らは時間の「自由」を手にしていることにならないか?

何だかパリ旅行の時に書いた、タクシーの話にも似ている気がする。
過去記事(2013年05月08日) → タクシーに乗って生み出す価値

旅先で使うお金は日常生活以上に価値を生み出すものなのだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。