スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









カミナリニモマケズ(ANA国内線搭乗記)

Category : 国内旅行
被雷を受け点検の結果GOが出た名古屋(中部)行きは遅れて搭乗が始まった。

2013JUL-NH710-07.jpg
(これは遅れる前の画像)

新千歳空港はRWY19だと非常に早く離陸できる。
ターミナルの目の前がランウェイエンドだからだ。
そしてそのまま南に針路を取ればいいから、
南向きの出発便にとっては時間短縮に貢献できる方向である。

しかし到着便はその逆になるから時間が掛かる。
新千歳に来ると毎回、「何事もプラスマイナスゼロでできているのだ」と思うのだ。


2013JUL-NH710-09.jpg
離陸するとすぐに雲に入った。
被雷したことが頭から離れず、もしかしたらまた被雷するかもと思うと、
何だかドキドキした(いい意味のドキドキ)。

僕の場合、飛行機のトラブルは大歓迎なので、
生きて帰れるならじゃんじゃん被雷して欲しいと思う。
いつもそういう不謹慎なことを考えている。


2013JUL-NH710-10.jpg
雲を抜けると、この前の便が被雷した意味がよく分かった。

積乱雲の巣だった。

着陸時、こんな積乱雲に突っ込んだら被雷しない方がおかしい。


2013JUL-NH710-12.jpg
南下するにつれ、積乱雲は減ったが日本列島は雲にべったりと覆われていた。

でも宇宙みたいな青空は美しく、
雲の上に出れば地上がどんなに天気が悪くても晴れていると思うと
飛行機はなんて前向きな乗り物なんだろうと思った。
飛行機が男なら常に「晴れ男」だ。


2013JUL-NH710-13.jpg
そんなこんなでもう中部にファイナルアプローチ。
スポイラの角度が異なっているのは、恐らく内側を同じ角度で立てると、
乱れた後流が水平尾翼に当たってバタバタするからだろう。

もしくは油圧系統がイカれているかである。
スポイラは基本的に1枚1枚別の油圧系統を使っているから、
例えば3つあるうちの1つの油圧系統が壊れていたら、
その油圧系統を使っているスポイラは動作しないことになる。
たまに一枚だけ立たないスポイラがあるのはそんな理由だと思っている。

中部へは北から南に進入。
新千歳は南向いて上がり、中部へは南に向いて降りるのが最も効率が良い。
おかげで遅れも少し取り戻せたはずだ。


2013JUL-NH710-14.jpg
で、降機後、どこに被雷したのか確認しようと思って、
当該部分の写真を撮ってみたが、僕の目には全く分からなかった。

点検中にこの辺りの写真を撮って、iPadでどこかへ送っているように見えたのは
一体何だったのだろう?
写真を撮るということは何か痕跡が残っているということだ。
僕には分からなかったが、整備士が見れば一目瞭然なのだろうか?
僕はまだまだ修行が足りないのだ。

(コメントにて、
「赤丸で囲んでマーキングしてある小さい点々が、スエプト雷撃痕だと思います。」
とのご指摘を頂きました。
確かに手書きで丸が付けられている箇所があります。)



2013JUL-NH710-15.jpg
アメニモマケズ、カミナリニモマケズ、
サンニーマル君は今日も元気に飛んでいるのだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。