スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









デッドヘッドのCAたちに物申す。

Category : 国内旅行
最近ちょっと気になることがある。
それはデッドヘッドのCAたち。

デッドヘッドとはその便の目的地から乗務するために、
制服を着て乗客として乗っていく乗務員を指す。(以下DHと略)
僕はこのDHのCAたちを、中部-新千歳線や福岡線で非常によく見掛ける。
制服を着て座席に座っているので直ぐにDHと分かる。
と言うか、僕はそれよりも前にDHの存在に気付いている。
大抵3人固まって搭乗ゲート前のベンチに座っているからだ。

このDHのCAたちの態度が悪い。非常に悪い。
ゲート前で足を投げ出し、スマホやiPadを見ながら話しこむ姿は少し見苦しい。
制服を着ているからなおさら目立ち、見苦しさが増す。
おしやべりに花を咲かせるのはいいが、
何だか聞こえてくる話の内容が非常に下品だ。

この前聞こえてきたのは、
「前日に酔いつぶれてお風呂に入らず寝た話」
制服を着てよくそんな話できるなと思う。

「乗務中じやないんだからいいじやないか」とも思う。
頭ではもちろん理解しているつもりだ。
ただ、彼女らは機内ではとても凛々しくしている人たちだから、
そのギャップに少し驚いてしまうのだ。
もう少し大人しく、目立たなく、お品良くできないだろうか。

それだけではない、僕は機内でも目を覆いたくなるような姿を見てしまった。
今度は乗務中のCAの振る舞いである。
DHに自分の先輩がいると分かると、
DHの座席まで行き、これ以上ない笑顔で挨拶をするのである。
「お久しぶりでございます~。お元気ですか?」と。
乗客に対しては冷徹な笑みなのに、DHの先輩には満面の笑みだ。
こればかりは僕も腰を抜かした。
「さっきまで笑顔なかったけど、やれぱできるじやん」と。

厳しい上下関係があるのは分かるが、乗客の前では見せないのが鉄則である。
それを許してしまうお局DHが悪いのか、乗務中CAの行き過ぎた行動なのか。
僕はとても落胆した。

さて。
ANAのCAが正社員雇用となったというニュース。(約1か月前)
(全日空、客室乗務員の正社員採用を再開20年ぶり)

深く考えずあのニュースを見ると、
ANAのCAはこれまでよりもモチペーションが上がり、サービスも良くなるように思える。
ただ、あれはANAの本体の話で、ANA WINGSなどの子会社の話ではない。
ANA WINGSの雇用形態は、現行の契約社員のまま変わらないのだ。
つまるところ、安月給の子会社CAたちが、ゲート前で下品に振る舞う姿、
機内で厳しい上下関係を見せつけられる光景はこれからも続くのである。


20130920_ANAWINGS.jpg
(ANA WINGSによる運航便)

乗務中じやないのは分かる。
安月給でモチベーションが上がらないのも分かる。
でも制服を着ているからANAのCAだ。
ANA WINGSのCAではなく、世界を代表するエアラインANAのCAなのである。
だからもう少し「どう見られるか」を意識した方が良いと思う。
今のままでは明らかに品がない。

それとも僕の考えが爺さん染みているのか?
僕はただANAが好きだから、
ANAが日本文化の鏡となるような品格あるエアラインであって欲しい
と思っているだけなのだが…


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。