スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ユナイテッド特典航空券の謎

Category : 国内旅行
ユナイテッドのマイレージ特典。

6000マイル+約80ドル で 

羽田→那覇→石垣→中部 の3区間に乗れるのは凄い。

何でこんなにディスカウントされたマイル数で乗れるのか。
約80ドルという高額な手数料と取るところが、
ディスカウントたる所以なのかと思ってしまうが、
試しにこんな旅程を検索してみると、
高い手数料がディスカウントたる所以じゃないことが分かる。

羽田-那覇の単純往復 。

UA-HND-OKA-01.jpg
この場合は 12000マイル+約80ドル となり、特にディスカウント感がない。
にも関わらずちゃっかり手数料の80ドルを取られる。
どうやら「80ドル払う代わりにディスカウントしてあげます。」
というロジックではなさそうだ。

この直行便を周遊便にすると、

UA_HND-OKA-ISG-NGO-02.jpg

一気に6000マイルに下がるということは、
「経由便で不便を掛けるから、ディスカウントしてあげます。」
というロジックなのだろうか?

日本のエアラインのマイレージ制度に慣れている身からするとやや違和感があるルールだ。
通常、経由便だと距離が長くなるため、より多くのマイルが必要となる。

単純往復ならば12000マイル、周遊便ならば6000マイル。
というルールはどうもおかしい。
逆なら納得できるんだけれど。

でも現実はこの通りだ。
結局僕は、そのカラクリを上手く理解できずにいる。
ハッキリ言って謎だ。


----------------------------------------------------------------------
支払っている75ドル(税込で79.5ドル=約80ドル)は緊急発券料とのご指摘を頂きました。
確かにそのようです。
出発日が近くなると、25ドルの手数料が75ドルに上がるようです。
としますと、以下の記述はあまり意味のない議論になりますが、
お金とマイルの一般論として残しておきます。
----------------------------------------------------------------------


さて、ユナイテッドのマイレージを使うのは実は初めて。
15年くらい前、グアム経由でバリに行ったとき、コンチネンタル航空で貯めたものだ。
その後貯めたことも使ったこともなく、
有効期限がないおかげでずっと使わずに取っておいた、
いや存在すら忘れていたマイルである。

ユナイテッドの特典航空券のいいところは、
必要マイル数が少なく、手数料が掛かるがそんなに高くないところだ。
国内エアラインのように15000マイル払って手数料なしよりも断然お得感がある。

マイレージ特典なのに80ドルを支払うわけだから、損をしている気がしないでもないが、
マイルとお金の関係を理解すればいかにお得かが分かってもらえるはずだ。

まずはマイル→お金の換算。
80ドルに換金するために必要なマイル数は大体8000マイルである。
(実際の換算レートはもう少し良いが、ここでは簡便のため8000マイルとする。)

だから僕の取ったユナイテッドの特典航空券は、
6000マイル+8000マイル、合計14000マイル支払っていると考えることもできる。
そうすると国内エアラインの15000マイル+手数料なしと同じくらいになる。

「なんだ、国内エアラインと一緒じゃん」と思ったアナタは騙されている。
マイルをお金に換算してもここでは意味がない。
その逆、お金からマイルへの換算をしなければいけないのだ。
両者の換算率は方向によって異なるからだ。

今回のケースでは、

「80ドルで8000マイルを買うことができるか」

という問いに対して答えないといけないのである。


80ドルの買い物で得られるマイルは標準的に考えて80マイル。
ダブルマイル、キャンペーン等を駆使しても
せいぜい4倍の320マイルといったところだろう。
「80ドルで8000マイルを買うことができるか」
という問いに対してはNOと答えなければいけない。

だから僕は、

6000マイル+80ドル

または

6000マイル+8000マイル(合計14000マイル)

と言われたら迷わず前者を選ぶ。
マイルはとても価値のあるものだから、80ドル払ってでもマイルを節約したい。

ディスカウントマイル+手数料で
マイルも料金安く上げられるユナイテッドのマイレージ特典。
新たな旅の可能性を広げてくれる強力なツールであることを
ここへきて初めて認識したのは、勉強不足だったとしか言いようがない。

ということで、
次回からは搭乗記だ!


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。