那覇からはゆめジェットに乗って福岡へ【ゆめジェット搭乗記】

Category : 国内旅行
旅行記の順番が前後しているが、
羽田空港ファーストキャビンに宿泊した僕は、
翌日の早朝便で747に乗り那覇に飛んだのであった。

那覇空港に到着後、送迎デッキに上がった。
送迎デッキで撮影中、ゆめジェットが降りてきた。


20130918-NH484-01.jpg
特別塗装機にあまり興味はないが一応撮っておく。


20130918-NH484-04.jpg
福岡行きは11時35分発。
羽田から2時間以上飛行機に乗り、
那覇でも結構時間を持て余していたはずなのにまだ午前中だ。
朝5時に起きると一日がとてもとても長いのだ。
僕の感覚では既に午後3時くらいな気がしていた。


20130918-NH484-05.jpg
ふと窓の外に目をやると、これから乗る福岡行きは、さっき降りてきたジェットだった。
この角度から見るとなかなかゆめジェットだと気付きにくい。


20130918-NH484-06.jpg
何と、中身もちゃんとゆめジェット仕様なのだ。
ヘッドレストカバーが違う。
と言っても分かる人にしか分からないと思う。


この便の座席は羽田空港で指定をした。
羽田空港の朝5時45分の時点で、空いているのは左側の窓側のみであった。
だから仕方なく左側を指定した。
この路線は右側がいいのに左側は少し残念だった。


が、乗ってみてびっくり。
ガラガラだった。
右も左も窓側が沢山空いているではないか。
まぁしかし「上空に行くまでは指定された席に座るか」と思い、左側に座っていた。

那覇空港のRWY36からの離陸は特徴で機である。
那覇空港を離陸するとすぐにパワーが落ちて水平飛行に移る。
1000ftでレベルオフしないといけないルールだからだ。

過去記事(2013/03/14) → 那覇空港RWY36からの離陸が力強さに欠ける理由

そしてしばらく(10秒~20秒)飛行すると再びパワーが上がり上昇していく。
この間に見える景色がとても綺麗だ。
右側には那覇市がよく見えているはずだが、左側も捨てたもんじゃない。

20130918-NH484-07.jpg
さんご礁の島々を遊覧飛行しているみたいだった。

そしてすぐに機は上昇を始めた。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/22 09:12)

那覇市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索