スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









元気が出る747-400の翼【デルタ747搭乗記】

Category : 海外旅行
残り時間が半分になったところで2度目の機内サービスが始まった。
机の上に何らかの物体がボトっと置かれた。


2013OCT-DL630-27.jpg
エンジョイ袋である。
読書灯がないので、写真が撮れなかったが、このエンジョイ袋には、
ハム・チーズサンドとチョコケーキ、フルーツポンチが詰まっている。
悶々とする暗いキャビンの中で、ひとときのエンジョイタイムであった。


2013OCT-DL630-28.jpg
少し眠った。
機内の照明を落とされ、日本時間の夜になるとさすがに眠くなる。
時差ボケを最小限に抑えるには機内で眠らないことがよいと思っているのだが、
全く眠らないわけには行かなかった。


2013OCT-DL630-29.jpg
既に北米大陸の真ん中にいた。


2013OCT-DL630-30.jpg
このころ、夜明けを迎える。
R2ドアのブラインドを開けると、エンジンは弱々しい光に照らされていた。


2013OCT-DL630-31.jpg
すぐに力強い光が前から差してきた。
機内から見る747―400はこの角度が一番カッコいい。
少しだけ元気が出てくる。


エンジョイ袋を含めて3度目のミールが運ばれてきた。

2013OCT-DL630-32.jpg
「エッグ or ヌードル?」と聞かれたので、ヌードルと答えた。
前回ヌードル(焼きそば)を食べたら、まあまぁだったので反射的にヌードルにしてしまった。

ブログ的には一度エッグを食べなきゃいけないと思っていたが、
そんな悠長なことを考えている心の余裕はなかった。
10時間近く飛んでいると、精神的に参ってくるのだ。
少しでも満足度が高い方(本当に欲しい方)を選んでしまった。


2013OCT-DL630-33.jpg
まだまだこんなに距離があるのだ。


2013OCT-DL630-34.jpg
ご飯を食べてもう一度2番目のドアのところに行った。
完全に夜が明けて、深くて青い空が広がっていた。

朝が来て、急速に昼になり、
さんさんと太陽に照らされる747-400の翼を見るとますます元気が湧いてくる。
とにかくカッコいいからだ。


最後の2時間くらいはあっという間だ。
グッと機首が下を向いたら本当にあっという間。
すぐに地上が近付いてくる。
「眠いなぁ」とウトウトしていたら、ドスンという衝撃で目が覚めた。


2013OCT-DL630-35.jpg
隣の黒人男性とクルーはひたすらしゃべっていた。

日本時間の深夜、昼なのか夜なのか何だかよく分からない感覚のまま、
エコノミークラスを脱出する列に割り込むのであった。

おしまい。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。