デトロイトでデルタ機を眺める。

Category : 海外旅行
デトロイトに着いたらとりあえずラウンジに直行する。
ゆったりとした椅子に座って、エコノミークラスの疲れを少し癒したいのだ。
ターミナルビル真ん中にある大きなラウンジよりも
ターミナルビル端っこにある小さなラウンジの方が僕は好きだ。


2013OCT-DTW-01.jpg
何だか変なヤツがやって来たと思ったら、ロイヤルヨルダンのA340であった。
デルタ一色のデトロイトで異色を放った存在だった。


2013OCT-DTW-02.jpg
こんな風にデルタ機がズラリと並ぶと気持ちがいいものだ。
奥の2つが747であることを除けば、皆異なる機種。
なかなか圧巻である。


2013OCT-DTW-03.jpg
と、また一機747がやってきた。
日本では退役寸前なのに、アメリカではまだまだ主力機である。


2013OCT-DTW-04.jpg
757がプッシュバック。
僕の経験上、日本人は757に弱い。
757を見てもそれが757であるかどうか判別できないらしいのだ。
「767や777は分かるが、757は分からない…」と。

気持ちはよく分かる。
757は日本の航空会社には存在しない機種だからだ。
しかし757はアメリカではよく売れている機種で、あちこちで757を見掛ける。
それぞれの機種に地域特性のようなものがあるということだ。


だんだん飽きてきたので、ターミナル真ん中の大きなラウンジにも行ってみることにした。

2013OCT-DTW-07.jpg
こう見るとなんだかゴージャスなラウンジに見える。
でも、このラウンジはとてもショボい。
食べ物も飲み物も種類が少ないのは初めから分かっていることとして、
いつ行っても混雑しているから全然寛げないのだ。


2013OCT-DTW-06.jpg
混雑するラウンジからは早々に出て、747を見に行った。


2013OCT-DTW-05.jpg
この噴水と747はとても相性がいい。
これを見ると何だか数学的なことを考えてしまいそうになる。

過去記事(2013/04/19) → 数学的に747を語る。

次の便の搭乗時刻が迫るまで、僕は飛行機を眺めていた。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索