搭乗証明書を見ながら思ったブログを書く意味とは。

Category : LCC
ひとつブログに載せるのを忘れていたことがある。
それは搭乗証明書のことだ。

VanillaF-42.jpg

実はこれが入っていることを知らずに記念品の紹介をしてしまった。
那覇に着いてからANAのラウンジでこれが入っていることに気付いたのだ。

もう今さら遅いとも思ったが、
何か大事な忘れ物をしているようなモヤモヤ感に囚われてしまっているので、
一応、搭乗証明書の紹介をしておこうと思う。

さて、この搭乗証明書、なかなか斬新なアイデアである。
名刺サイズのカードなのだ。
今までに見たことのないタイプのものである。
僕としては小さくて良いと思っている。


あまり言いたくないのだが、僕は少し前にコレクターの趣味を捨てた。
昔はこういうのを必死で集めていたが、
片付けるところがないので、昔のものはきれいサッパリ捨ててしまったのだ。
沢山持っていたダイキャストモデルはほとんどを人にあげた。

それ以来、記念品で要らないものは捨てている。
逆に実用的なものはガンガン使っている。
そのまま形に残しているものはあまりない。
(残しているのは787の三冠分の搭乗証明証くらいだ。)

ただ、何も考えずに捨てているわけではなくちゃんと写真を撮ったうえで捨てている。
じゃないとやはり記念品に申し訳ない気持ちになる。

どうせ記念品は時間が経つと見えないところに片付けられて、
持っていることすら忘れてしまうので、
だったら写真だけ撮っておけば「あ、こんなものを昔もらったな」と思い出せるから、
それで十分だと思ったのである。


最近気付いたことは、ブログで搭乗記を書いておけば、
記念品とかそういう「モノ」のレベルじゃなくて、
乗ったこと自体を記録しておけることだ。
すなわちブログがそのまま搭乗証明書になるということ。

その便の雰囲気、空気、その時見たもの感じたもの。
ブログを使い写真と文章で残しておけば、
記念品を仕舞っておくよりもずっと価値のある残し方ができると思った。
多分それ以上の残し方はない。

話が少し逸れたかも知れないが、僕がブログを書くのには、
いち早く伝えたいという面と、記録として残しておきたいという面の二面が存在している。
他人に伝え、自分に残す。


これを書いていて、
「ブログを書く意味って、そういうことだったのか。」
と、いま初めて明確に認識できた気がする。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索