日本人は何故英語が苦手なのか

Category : その他
ヒコーキネタが切れた。
そうなるとこういう読書感想文になる。
個人的に僕は読書感想文を書くのが好きだ。
何故なら自由に語れるから。

たまには航空ネタを離れてこういうネタで語るのもいいと思っている。
航空ブログという呪縛を解かれた気がして、軽い気持ちになれる。
読む前から「つまんなさそう…。」と拒絶せず、どうかお付き合い頂きたい。


日本人の英語。

Nihonjinnnoeigo.jpg

この本は今まで僕が読んだ英語関連の本の中で一番分かり易くて的を射た、
日本人の間違えやすいポイントを解説してくれる本だ。
全ての内容が目から鱗。
「その文法、毎回悩むんだよなぁ」とズバリ日本人の苦手なところを言い当ててくれる。

僕は仮定法が超苦手。
wouldとかcouldとかshouldとか、動詞が過去形になるとか、
その辺のルールがすぐには頭に浮かばない。

日本語でも「明日雨だったら」などのように仮定の話になると過去形を用いるときがあるが、
「明日雨ならば」と現在形(未然形だから未来形なのか?)を使うこともできる。
僕はそもそもこの2つの表現の違いを上手く説明できない。

だからなおさら英語で仮定法が使えるわけがないじゃないか、ともう開き直るしかない。
いや、仮定法じゃなくても、元々IF文自体が苦手だったりするからさらにタチが悪い。


さて。
よく日本の英語教育は文法重視で実践的ではないと批判されることがあるが、
僕は巷で批判されるほど、日本の英語教育は悪くはないと思っている。

「会話重視を」と叫ばれてはいるものの、じゃあ会話を重視したら
英語独特の用法のちゃんとしたルールをちゃんと教えて貰えるのだろうか?

また、会話重視になったら、
英語で書かれた文書のニュアンスを正しく掴めるのだろうか?
書き言葉は話し言葉よりもうんと難しいから、
理解できない文章が続出して困り果ててしまうのではないだろうか。

僕ら日本人が英語でビジネスを行うとき、
対面で話をするときにはもちろん会話力が必要だが、
例えば契約書とかある種の合意書とかは、必ず文書でやり取りをする。

また対面で会議をしたって、最終的にはプレゼンテーション資料を読み込んで、
よく理解できない部分については、メール(文書)で質問をしたりする。

だから最終的に試されるのは文法力、単語力である気がする。
もちろん会話力は大切だ。
しかしそれと同時に僕らが学習してきた英文法や英単語も重要である。
我々日本人は上手に話せなくても、
読み書きは、いや少なくとも「読み」は結構上手にできるのである。

ただ、やはり日本人は英語の学習期間が長い割に上達が悪い。

これは日本の英語教育が悪いのではなくて、

日本の特異な環境にあると考えている。

テレビで英語を聞くことはほとんどなく、街中にも英語がない。
インターネットの情報だって、もちろん英語の方がソースは豊富だが、
日本語だってそれなりに情報は取れるからそれで満足してしまう。

つまり、日本の英語教育の問題点は、
その方法というよりも日本という特異な環境にあるのではないかと僕は思うのである。

僕が海外から帰ってくると痛感するのは、
日本に帰ると、とたんに英語を使う必要がなくなることだ。
驚くべきことに日本にいると、(皆当たり前だと思っていると思うのだが)、
一度も英語を話すことなく日常生活が送れてしまうのである。

強い意志を持ってテレビのリモコンの副音声ボタンを押さない限り、
強い意志を持って街で困っている外国人に話し掛けない限り、
強い意志を持って外国人宛てにメールを書かない限り、

英語に触れる機会が日本の日常生活では皆無なのである。

これでは英語の学習効果も半減どころか全減。
勇んで入った英会話教室だって単なる趣味で終わってしまうだろう。
子供が英語の幼児教室から帰ってきたところで、
親は日本語で話し掛けるし、テレビも日本語だから、子供に英語が身につくわけがない。

これまでのような方法で、文法はちゃんと教えてもらい、単語もちゃんと教えてもらい、
それに加えて日常生活で英語に触れる機会が増えれば、
自ずと皆、英語に抵抗がなくなっていくのではないかと僕は考えている。
ただ、急に、強制的に英語を取り入れようするとアレルギー反応を起こす人がいるから、
日常生活にゆっくりと自然体で英語が入り込んでいくのが最も理想的なやり方であろう。

東京オリンピックもあることだし、もっと街中に英語の表記が増えればいいのにと思う。
レストランに入ったら必ず英語表記のメニューがある世の中が理想的である。

言うは易し行うは難しだが、日常生活に強制的に英語を取り入れない限り、
日本人はこのまま英語が苦手なままだ。

例えば、子供に聞かれたくない話は英語でするとか。
ナイスなアイデアだと思うのだが、
子供が英語分かっちゃったら意味ないし、なんて思ってみたりする。
いや、それで子供が英語に興味を持ってくれれば、一石二鳥だいう考え方もできる。

うん、皆が知恵を出すことで社会は変えられるはずだ。
自分ができることからやっていこうではないか。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索