一眼レフを持っていないという悲劇@スーパーラウンジ

Category : 国内旅行
新千歳に行くとやたらとエアドゥを見かける。


2014FEB-CTSSPRRNG-14.jpg
ラウンジから外を見ているとB6やらB3やらがしょっちゅう目の前を通っていくのだ。
エアドゥなのだから、その名の通り北海道(新千歳)が本拠地なのだと再認識させられる。


2014FEB-CTSSPRRNG-15.jpg
今度はB6のプッシュバックが始まった。


2014FEB-CTSSPRRNG-18.jpg
新塗装になって少し洗練された雰囲気のエアドゥ。
なんだか雪がとても似合う塗装ではないか。
B級感は否めないけど。

この日は概ね晴れ。
雪の積もった空港では、
雪レフと呼ばれる、地面の雪に太陽光が反射して飛行機の下面を照らす
美しい光景が見られる気象条件である。

こんなときに一眼レフを持っていないのが悔しい。
今回はあまりやる気の出ない旅行だったので、
荷物が重くなるのを避けたくて一眼レフを持ってこなかったのだ。
だからCANONのコンデジS100で撮るしかなかった。


2014FEB-CTSSPRRNG-17.jpg
コンデジをギリギリにズームアップして、粗くならない程度にトリミングしてこれだ。
少しは雪レフしてるのが分かるだろうか。
ホワイトに塗られる割合の多くなったエアドゥは雪レフにはもってこいである。
(目で見た感じはもっともっと雪レフしていた。)


2014FEB-CTSSPRRNG-18.jpg
JALの鶴丸も雪レフに適している。
が、機体が小さいし、そもそもコンデジで狙う方が間違っている。

こんなにもいい撮影環境を知っておきながら、
何故、一眼レフを持ってこなかったのか。
いつもいつも一眼レフを持っていかずに後悔しているのに、何故僕は学習しないのだろう。

スーパーラウンジには一眼レフを持って行け。

今後の教訓にしたい。
(常に持って行けと言っていないところがポイントです。)


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索