スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









イミグレーションで最も早い列を見つけ出す方法

Category : 海外旅行
何故いつも自分の列だけ進むのが遅いのだろう。
そう思っている人は少なからずいるはずだ。
出国審査の列に並ぶといつもイライラしてしまうのが、列の流れるスピードである。

皆、最も人の少ない列に並ぶと思うのだが、

列の長さと列の進む速さは、実は全く関係がない。

ということに僕は気付いてしまった。
読者の皆さんは、そのことをご存知だっただろうか?

列の進む速さは列に並ぶ人数ではなく、

審査官の処理能力に依存しているのである。


出国のスタンプを押す作業は人によってかなりの処理速度の違いがある。
下手をすると早い人は遅い人の半分くらいの速さで処理をしていることもあるくらいだ。

だから列に並ぶときは、最も短い列に並ぶのではなく、

最も処理能力の早い人のところに並ぶのがよい。

ということになる。

単純な人間の心理として、何となく短い列に並んでしまいそうになるが、
その列の審査官が処理の遅い人だった場合、かなりのストレスを感じることになる。

だから早く並びたい衝動を抑えて、いったん列から外れ、
どの列の流れるスピードが速いのか観察してから並ぶのが良いのだ。

2014FEB-DL630-BDG-04.jpg
(写真はセントレアの出国ゲート)

しかしこの方法は2つ問題がある。
見極めているうちに列に並ぶ人数が増えて行くこと。
そして、たまたま何らかの原因で、処理されるのが遅い人がいることだ。

つまり少しの間列を観察しただけでは、
どの列が流れるのが早いのか見極めが付かないことである。
となるともう当てずっぽうで並び、後は流れに身を委ねるしかない。

今日早い列に並べたとしても、明日早い列に並べる保証はなく、
並んでいる時間の長さは、統計上は各列の待ち時間の平均値になるだけである。
すなわちどの列に並んでも、待ち時間は「平均的には」同じである。

ひとつ、審査する側で解決策を見出すのならば、

列は1つにして、最後に各ブースに振り分ける方法

が考えられる。
そうすれば審査官の処理能力の問題も平準化されるので、
どの列に並ぼうか考えずに済む。

どの空港もそのような方式にして、
是非とも列に並ぶ場合の「賭け」の要素を少なくして欲しいものである。
何故全空港でそうしないのか非常に疑問だ。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。