デルタ航空エコノミークラスの機内食を語る【デルタ747搭乗記】

Category : 海外旅行
ベルトサインが消えるとまずはスナックとドリンクのサービスが始まる。


2014FEB-DL630-MEAL-01.jpg
いつものように僕はスプライトをもらった。


2014FEB-DL630-MEAL-04.jpg
こちらが飲み物のリスト。
これと言って飲みたいものがあるわけでもなく、
しかし水では味気ないので、結局スプライトになってしまう。
スプライトはいわゆる砂糖水だから、
変な後味がなく後々何も影響が残らないのが好きなのである。

さて、メニューブックをよく見てみよう。


2014FEB-DL630-MEAL-02.jpg
どうやらビーフにはパスタ、チキンにはライスがセットで出てくるようだ。
いつもチキンを選んでいるので、今回は勇気を出してビーフにしてみた。


2014FEB-DL630-MEAL-05.jpg
ほい、ビーフ。
可能な限り美味しく見えるように撮ったつもりである。
(美味しく見えるように撮るのは得意だ!)

味は想像どおり。
「なんじゃこれ?!」という変な味のするビーフステーキ。
はっきり言って一流の僕の口には合わなかった。
ただ、ビジネスクラスでステーキを食べたときも同じ味だった気がするので、
エコノミーにしては意外とイケてるんじゃないかと思う。

食べられないくらいマズいということはなく、
「機内食のビーフってこんなもんでしょ」
と割り切って食べれば十分に食べられる味であった。

個人的にはやはりチキンが好きだ。
無難な味付けのチキンに、にんじんにインゲン。
辛い辛いエコノミークラスの旅に、ひとときの安らぎを求めるのならば、
僕はチキンを強くお勧めする。


2014FEB-DL630-MEAL-07.jpg
食後はコーヒー。
これまたマズいコーヒーに体全体が萎える。
アメリカンコーヒーと言わんばかりの薄いコーヒーである。

言わなくても砂糖を2つくれたのは嬉しかったが、
ゴクゴク飲めてしまうぬるさに二度萎えつつ、
食後のひと時を我慢して過ごした。


さて、到着まで半分を切った頃にエンジョイ袋が配られた。
実は今回、前回と同様に読書灯が壊れてしまったため、
写真を撮ることができなかったのだが、
いつもどおり、ハムが挟まれたサンドイッチに、
フルーツポンチ、チョコレートの3点セットであった。


そして到着前一時間で出されるのがこれらの食事である。

2014FEB-DL630-MEAL-03.jpg
この到着前のメニューも選択することができる。
オムレツか焼きそばの二択だ。

焼きそばにしたい衝動を抑えて、ブログのためにオムレツを注文する。
僕も随分とブログに情熱をかけているのだなと感じる。
言い方を変えれば、僕自身エコノミークラスに強くなり、
自分のことよりも他人のことを考えられる余裕ができたと言うことだ。


2014FEB-DL640-BKFST-01.jpg
この無造作に置かれた感。
ちょっと萎えるが、この中身を限りなく美味しそうに撮るのが僕の役割だ。


2014FEB-DL640-BKFST-02.jpg
ほら、実に美味しそうに見えるだろう?
これが4回目にして始めて食べたデルタのオムレツ朝ご飯である。
実際これは非常に美味しくて、焼きそばでもオムレツでも
どちらでも十分に満足できるものであることが分かった。
いや、むしろ焼きそばよりもオムレツの方が美味しいんじゃないかと思ったくらいだ。

ただ、袋に入ったパンは何となく貧相で、
可能であるのならばレンジでチンしたパンでもいいから
クルーが配ってくれると嬉しいのになぁと思った。

以上、一流の男が語るエコノミークラス食事の全てである。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索