スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









和食あるの?ないの?どっち?!【デルタ航空ビジネスクラス搭乗記】

Category : 海外旅行
2014FEB-DL629-27.jpg
巡航高度に達すると楽しい楽しいお食事の時間が始まる。
早速メニューブックを見てみよう。


2014FEB-DL629-21.jpg
スターターはえびである。


2014FEB-DL629-22.jpg
こちらが和食のメニュー。
メインのチキンテリヤキに惹かれる。
海外発の日本食はタブーとされるが、
僕は海外のフードコートに行くと、
テリヤキご飯はないかと探してしまうほど、テリヤキ好きであるので、
テリヤキと聞いたらどうしても食指が動いてしまうのだ。


2014FEB-DL629-23.jpg
洋食メニューには惹かれるものが何もなかった。
テンダローインが「ステーキ」ではなく「たたき」になっていたが、
ステーキでは懲りているので、今回もあまり期待できそうにないと感じた。
その他も特に食べたいと思うものはなかった。

なんだかワインが飲みたい気分だった。
基本的にお酒はダメだが、少しくらいなら大丈夫だろう。
僕は赤ワインは苦手だが、比較的甘めの白ワインならば飲める。


2014FEB-DL629-28.jpg
クルーに「甘い白ワインをくれないか」と頼み、オススメのものを選んでもらった。

実は搭乗後に一悶着があった。
クルーが食事のチョイスを聞いて回るのだが、
僕が「和食がいい」と言うと、

「和食はもう売り切れた。」

と言うのである。

たいてい毎回、和食は売り切れている。
というのは、アッパーデッキとメインデッキとで調整を行っており、
和食が切れかけると「和食が切れている」と言い切って
他のモノを勧める戦法を取っているのだ。

クルーはメインデッキに聞いてくれた。そして、

「メインデッキにあったからOKだ。」

と告げられた。
僕は切れているはずの和食を見事にゲットすることができた。

しかしその直後、

「やっぱりなくなった。」

とクルーが言いに来た。
僕が怪訝そうに「あるって言ったじゃん。」と言うと、
「いや、メインデッキ6、アッパーデッキ6って数が決まってるんだ。」
と意味不明の言い訳をされた。
「事前に(搭乗前に)和食を注文したのか?」と嫌味さえも言われた。

一度「ある」と言っておきながら「ない」はないだろう。
ひどい対応だと憤慨しながらも、僕は仕方なく洋食メニューを選んだ。


2014FEB-DL629-29.jpg
何だか浮かない気持ちでえびを受け取る。
僕は希望の和食が食べられないことだけが残念でならなかった。

すると運ばれてきたのは和食。

「ない」と言われていた和食がテーブルの上に置かれた。
持ってきたのは、注文を聞かれたクルーとは違うクルー。
「え?」と思わずクルーの顔を見つめてしまったのだが、
変なことを言って取り上げられては困ると思い、
「和食でしたよね?」という問い掛けに自身を持って「イエス」と答え、
何もなかったかのようにそれを受け取った。


2014FEB-DL629-30.jpg
ただ、何となく違和感を感じた。
想像していた和食と違うのだ。
僕はすぐにメニューブックを確認した。

僕の感じた違和感は正しかった。
ことごとくメニューブックと目の前に置かれた食べ物が違う。
もちろんクルーからはその説明は受けていなかった。

ローストビーフとロブスターのわさびマヨネーズ風味ではなく、
ただのローストビーフだし、
イカのからし味噌和えは、イカの梅ペースト和えだった。
さらに高野豆腐なんてどこにもなかった。

完全に騙された。

もしかしたらメインもテリヤキチキンではないのではないかという疑惑が生じた。
過去にこの便で、「メニューと内容が違いますがいいですか?」
というようなやり取りを見たことがあるからだ。


2014FEB-DL629-31.jpg
その疑惑は見事に的中した。
チキンのピリ辛トマト風味だったのだ。
これは以前この路線で主流だったメニューである。

メニューと実際が違うのならばちゃんと言ってくれ。

誰もがメニューブックを見て何が食べたいか考えるからだ。

デルタのクルーはそんな当たり前のことが分からないのだろうか?
ビジネスクラスとは言え、毎度毎度の酷い対応は本当に頭に来る。

「ない」→「ある」→「ない」→「ある」と実に四転もした和食の有り無し。
しかもメニューとは違う内容の和食。

ふざけている。
でも、、、僕はクルーが怖くて何も言えなかった。
早口の英語で返されても答えられないし…。
だって凄い巨体の黒人クルーだったんだもん。


2014FEB-DL629-24.jpg
デザートの時間になったが、このメニューブックの「スイーツ各種」と言う表現は実にフレキシブルだ。
何が出てきても文句が言えない。

和食も単に「和食小皿+メイン+ご飯+味噌汁」と書けば誰も文句は言わないだろうに。
とも思うが、和食の充実を前面に出す戦略を取っている以上、
食べたくなるような書き方をしなければいけないというのも理解できる。
毎回同じものが出せない理由が分らないでもないが、
「メニューと違いますがよろしいですか?」くらいは聞いて欲しい。


2014FEB-DL629-32.jpg
「この酷い対応、何とかならないものか!」と憤慨しながら、
僕は甘ったるいアイスクリームとぬるいコーヒーをを胃袋に流し込むのであった。

つづく。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。