スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









下見ようぜ、下。【デルタ航空ビジネスクラス搭乗記】

Category : 海外旅行
機内が少し騒がしくなってきた。
皆、ムクムクと起き始めたのだ。
「もう、窓を開けても良いかな?」と思ったので、窓を開けてみた。


2014FEB-DL629-51.jpg
そしたらこの景色。
シベリア上空の、それはそれは美しい雪景色だった。

前回の米国から帰りではもう少し北極よりのコースを取っていたが、
今回は比較的緯度が低いところを飛んだ。
どうやらどちらのコースを取っても、
晴れていればこんな景色が見られるらしい。


2014FEB-DL629-52.jpg
山も谷にも川も、全てが凍てついている地表は、
地球上だとは思えない姿をしていた。


2014FEB-DL629-53.jpg
写真で見るよりも実物はもっともっと美しかった。
僕の語彙力じゃとても表現できない本当に息を飲む光景なのだ。


2014FEB-DL629-54.jpg
幻想的、神秘的という言葉以外にどのような表現の仕方があるだろう。
うまく表現できないのが悔しい。


2014FEB-DL629-56.jpg
到着まで2時間半を切る頃、オホーツク海上空を飛んでいた。


2014FEB-DL629-57.jpg
流氷だ。
上空から見ると氷の大きさをうまく認識できないため、
遠近感がなくなりとても低い高度を飛行しているような気さえする。


2014FEB-DL629-58.jpg
南下するにつれ氷が小さく割れてきた。
この流氷が北海道に流れ着くわけだ。

眼下に広がる美しい光景に僕はひとり興奮していた。
傍から見れば、

「アイツ身を乗り出して何写真ばっかり撮ってんだ?」

という怪しい人物に見えたに違いない。

しかし、逆に僕からすれば、窓を開けてこの美しい景色を見ない方が不思議だ。
窓を閉めて寝ている場合ではないのだ。
飛行機の中で黙って眠っているより、外の景色を眺めていた方が100倍楽しい。
だからこの場を借りて、窓を閉めて眠っている人に言わせてもらいたい。

上ばかり向いてないで下見ようぜ、下。


つづく。

<関連記事>
デルタ747ビジネスクラス搭乗記【美しき冬のシベリア】


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押して頂けるとヤル気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。