スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









国内最高品質!スカイマークA330のグリーンシート

Category : スカイマーク
世論がミニスカを推しているので、ミニスカの記事を先行させたが、
実は今回のスカイマークA330の就航はこちらがメインだ。


20130614_SKY003-21.jpg
何故スカイマークがエアバスのワイドボディーを導入したかって、、、


20130614_SKY003-22.jpg
こんなシートを全席に装備したかったからだ。
(前回記事の写真再掲。)

名前はグリーンシート。
グリーン席なんて言うと新幹線っぽくなる。
きっとグリーン車をイメージしたんだろうと思う。

色がややダサい感じがするが、
高級なイメージを重ねるためにグリーンシートと名付けた以上、
緑色にしなきゃいけなかったのだろう。
(もう少しいい緑色があると思うのに…。まさかこの色だけは安いのか?)


20130614_SKY003-23.jpg

結論から先に言うと、この座席は買いである。

B級エアラインなのに、何だか高級な飛行機に乗っているかのようだ。
前の方の一部の席ではなく、全席がコレなのだから機内の雰囲気も随分と違う気がする。


20130614_SKY003-24.jpg
このシートピッチ、そして横幅も広い。


20130614_SKY003-25.jpg
上から見たシートピッチはこんな感じだ。
クラスJ相当というのも頷ける。


20130614_SKY003-26.jpg
リクライニングさせた状態。
と言ってもこんな上から撮った写真じゃ分らないと思うが、
リクライニングも結構深いしフットレストも結構上に上がる。
「結構」には個人差があるので、こればかりは実際に乗って確かめてもらいたいところだ。


20130614_SKY003-27.jpg
ただし、フットレスト全上げ状態だと、足が前の席の下に入らないという不具合もある。
だからある程度のところで止めるのがコツだ。


20130614_SKY003-28.jpg
一番後ろから撮影した機内。
基本的に2-3-2の7アブレストであるが、
39列目からは2-2-2の6アブレストに減るため、さらに広く感じる。
通路が広いと全体として広く感じるから、39列目以降も結構おススメである。

もう一つ、後ろであればあるほど、人目を気にせずに写真が撮れるため、
ミニスカ目的の方は後ろに座ると良いだろう。
ただし、真ん中列の通路側に座ってしまうと内側に入りこんでしまうため写真は撮りにくい。
なので外側列の通路側席がマストだ。


A330に装備されたグリーンシートは間違いなく

国内線機材の普通席としては最高品質のプロダクト

である。
(中部-成田などの国際線機材を使用している国内線を除く。)

マイレージプログラム等の縛りがなかったら、誰もがこの座席を選びたくなるだろう。
このシートで前日予約でも片道16000円程度だ。(6月)
ちなみに大手で取ると片道26000円程度。
1万円も安い上に席が広いとなれば、選ばない理由がないくらいだ。


ANAが787を導入したとき、「787はゲームチェンジャーだ」なんて言われたが、
あれはエアライン側の「採算性」の観点からで、
「乗客目線」からすれば何もゲームチェンジャーではなかった。
あるとすれば、言われないと気付かない程度の機内の気圧や湿度の改善であった。

乗客目線からすればグリーンシートを搭載したA330の方がよっぽどゲームチェンジャーだ。
これを機に日本の国内線の常識を変えて欲しいと思っている。
実際にスカイマークには日本の空の常識を変えるポテンシャルがある。

安いだけのLCC。

高い割に代わり映えのしない大手。

しかしスカイマークは違う。

安いのに品質が高い。

ダブルで凄い。


僕は昨日確信をした。
いつかスカイマークが日本の空の主導権を握る日が来ると。
いや、冗談ではない、本当に来るはずだ。

(普段使わないクセにほめ過ぎたか…。)


いつも見て頂きありがとうございます。
「面白かった!」と思ったら押して下さい。
↓ブログランキングの順位が上がります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。