スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









JAL SKY SUITE 777完全ガイド【ビジネスクラス窓側】(中部-羽田)

Category : ビジネスクラス
全3部作の第3話は窓側席。

ひょいっと乗ってここまでレポートできるとは思いもよらなかった。
ベルトサインオフ後、12の左側の窓側席が空いていることに気付いたので、
一通りの取材を終えた後、「あちらに移ってもいいですか?」と聞いて
僕は12Aに移動した。


2014SUM-JL140-31.jpg
12Aはこのモニタが大きく写っているの席ではなく、その奥の席である。


2014SUM-JL140-32.jpg
つい立を閉めて前から見るとこんな感じである。

閉塞感があると思いきや、意外と開放的な印象だ。

窓があるからだろうか。


2014SUM-JL140-33.jpg
そして足元も案外意外と広く感じる。

これは窓側席が一番良いのではないか?

直感的に思った。


2014SUM-JL140-35.jpg
通路への出口はこんな感じである。
かなり細く感じるが、実際はそんなに細くなく、
普通の体形であれば問題なく通れる幅である。


2014SUM-JL140-36.jpg
フルフラットにして寝てみたときの眺め。
上に行くにつれ胴体の直径が徐々に大きくなっていくので、
両方を壁に挟まれていても全く狭くは感じなかった。
座席幅以上に横幅がある印象だ。

通路側は、寝転んだ時に腕がはみ出ると誰かに当たる可能性があるが、
窓側は誰にも当たることがないので、窓側の方が圧倒的に快適である。

フルフラットにしてすぐに着陸態勢に入ってしまったため、
この状態を僕は5分くらいしか体験していないのだが、
かなり眠れそうな印象を受けた。


2014SUM-JL140-38.jpg
ちなみに12Aからキャビンを眺めるとこんな雰囲気だ。
ビジネスクラスも随分と個室化が進み、開放的なキャビンとは言えなくなった。

このようなキャビンになると、
通路側でもクルーの動きが見えない。
だから窓側に座ったらどうなるのだろうかと不安にもなる。
機内食を運んでくれるときなどは、
きっといきなり通路にCAさんが現れ、「どうぞ」と手を伸ばして渡されるんだろうか?
何だか不気味な感じさえする。


ところで。

2014SUM-JL140-37.jpg
12Aは翼上に位置するため眺めは悪いが、
そんな文句は言えないくらい快適だから窓の外の景色などはどうでもよい。


2014SUM-JL140-40.jpg
さて、巡航中にこんな紙が配られた。
この便を「国内線のみで乗る人」と「国際線に乗り継ぐ人」とでは
乗るバスが異なる旨が書いてある。

なるほど、国際線へ乗り継ぐための
国内線ターミナルから国際線ターミナルへの移動は必要ないわけだ。

僕が心配していたことは杞憂に終わった。
僕はこの便は国内線なので、全員国内線ターミナルに連れて行かれると思っていたのだ、
つまり、国際線に乗り継ぐ乗客はターミナルの移動を強いられると思っていた。

どうやらそうではなく、国際線への乗り継ぎ客は
ちゃんと国際線ターミナルへ連れて行ってくれるらしい。


2014SUM-JL140-41.jpg
この便は結局、国際線のエリアに到着した。
「なるほど」とこの瞬間に全てを理解した。
バスが分れているとは言え、どちらかというと国際線利用の乗客をそのまま降ろし、
国内線のみの利用客を国内線ターミナルに連れて行くといった要素が強いのだ。

よく考えれば、この便は基本的には羽田からの国際線への乗り継ぎ便であるので、
国内線ターミナルに到着するといった不便極まりないやり方をするわけがないのだ。
いかに自分の頭が凝り固まっていたことか。
誰に恥じる訳でもないが、妙な勘違いをしていた自分が恥ずかしかった。


紙で知らせてくれる意外にも、タラップを降りたところで
地上スタッフがバスへの誘導を行っているので、
乗るバスを間違うことはまずないだろう。


2014SUM-JL140-42.jpg
僕も間違わずに国内線ターミナルビル行きに乗った。
バスに30人くらいは乗っていただろうか。
国内線のみで利用する乗客が意外と多い印象を受けた。


ブロックタイム1時間の羽田までの空の旅。
実質飛んでいる時間は40分くらいだ。
SKY SUITE 777を十分に体験する間もなく終わってしまった感が強い。
でも次回乗るときはそこまで取材活動をする必要はないので、
もう少し寛げるかなと思う。
できるのなら、到着までずっとフルフラットにして寝転んでいたい。

名古屋から東京まで新幹線で行くか飛行機で行くか。

まさかそんな議論が成立するとは思いもしなかった。

JALは一日2便もこの路線を飛ばしている。
是非とも一度乗って、飛行機の優位性を体感して頂きたいと思う。
料金は新幹線で行くのとほとんど変わらないはずだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
「面白かった」、「役に立った」と思ったら迷わず押して下さい。
順位が上がります。
(↓現在、ブログランキング2位です。)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。