JAL中部-羽田線の座席指定のツボ

Category : ビジネスクラス
全4シリーズでお送りした中部-羽田便いかがだっただろうか。
WEBや生声で各所から「乗ってみたい」という反応を頂いた。

前にも書いたが、この路線では、フルフラットのビジネスクラスの座席に、
な、な、な、何と9300円で乗ることができる。
ちょっとSKY SUITE 777を試してみたい人にはうってつけの路線だ。

機内食は出ないが、超豪華シートに座り、
1時間だけのビジネスクラスを味わえるのはむしろ最高の贅沢とも言える。
もう少し座っていたいくらいの気持ちになる方が、
その価値を噛みしめられるからである。

自腹を切って国際線ビジネスクラスに乗れないから悔し紛れに言っているのではない。
ビーフステーキは腹いっぱいになるより、もう少し食べたいくらいがちょうどいい。
好きな女子は、毎日会えるよりなかなか会えない方が燃えるものなのだ。

そんな最高の贅沢が味わえるこの便であるが、
実は重大な問題が一つある。(ヒラ会員の場合)

なんと事前座席指定でビジネスクラスが取れない。


777seat00.png

前日の空席状況がこれである。
満席の状態だ。

本当に全席埋まっているかは乗ってみて初めて分かった。
実際は全然埋まっていない。

この満席表示は実はフェイクなのである。

もちろん本当に満席の場合もある。
僕が言いたいのは、
「満席の表示でも実際に乗ってみると空席がある場合がある」
と言うことだ。


実は前々日くらいに電話でも確認した。
「本当に満席なのか」と。
そしたらオペレータは、
「事前座席指定できないお席となっております。」と答えるだけであった。
そして、「上級会員様(とは言っていないが)ならばお取りすることができます。」
と付け加えた。

言わんとすることは全て分かった。
つまり空席はあるが、ヒラ会員は取れないということだ。
羽田からの国際線乗り継ぎ客のためにブロックでもしているのだろうか。

事前指定できないが実際は空席がある。
つまり、それは当日ならば狙えることを意味している。


777seat01.png

これが当日の空席状況。
朝起きてWEBを見てみたら、後ろの方だけ数席空いていた。
だから座る場所にこだわらなければ、

当日WEBでもビジネスクラスの座席指定はできる

のだ。

しかも画面上12のACは埋まっているように見えるが、実際は空席だった。
だから、

空港のカウンターで聞けばもっと空席がある

可能性が高い。

どうしてもSKY SUITE 777のビジネスクラスに座りたいという方。
事前座席指定で取れないからといって諦めないで欲しい。
絶対に空いているから。
当日必ず取れるから。
どうか希望を持って当日を待って頂きたい。
(本当に満席でご希望に添いかねる場合もございます。)

ちなみに。

777seat02.png

プレミアムエコノミー席はどうかと言うと、
こちらはヒラ会員でも余裕で取れる。


そして最後方のエコノミー席はどうかと言うと、

777seat03.png

こちらも問題なく取れそうだが、何だか後ろの方がおかしい。
事前座席指定をできなくして座席が汚れないようにでもしているみたいだ。

いずれにせよ。
この便では随分と座席指定の操作がされている。

だからどうか覚えておいて欲しい。
JALの中部-羽田線に乗る場合のキーワードは、

「座席指定は当日空港で」

だ!


いつも見て頂きありがとうございます。
「面白かった」、「役に立った」と思ったら威勢よく押して下さい。
順位が上がります。
(↓現在、ブログランキング2位か、うまく行けば1位です。)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索