スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









春秋航空、乗るなら15列目までの右側。

Category : LCC
某航空・旅行アナリストに聞いた話だ。
ここでは鳥海高太朗氏(仮名)としておこう。
(この話は既に東洋経済オンラインに掲載済み。)
↑もっと早くこのネタ出せば良かった…。

スプリングジャパンは座席の配置が左右で異なるらしい。
スプリングジャパンの737-800は189席。
鋭い人は189という数字から何となく判断ができるであろう。

3-3の横6列配置なのに189席なのだ。
3で割り切れるが、6では割り切れない。
一体どういうことか?

左右どちらかが一列多ければ納得できる。
全部で32列あって最後の一列だけが一方にしかないと考えれば
189席はストンと落ちる。
(6×32-3=189)

しかし乗ってみたが、左右の列数は同じ数であった。
謎が深まる。


それではWEBサイトのシートマップを見てみよう。

spring-seatmap01.png
絵に直接書き込んでしまったので、すぐに分ってしまうが、
前から非常口席までの間の右側の列が左よりも1列少ないのである。

これには驚いた。
こんなコンフィギュレーションがあるのかと。

これを見る限り、非常口席までの前方席を取るならば、
右側の方がシートピッチが広くて快適と言うことになる。
元々シートピッチの狭いLCCだから、なるべく快適な座席を選びたい。
となると狙うは、

座席指定料が200円の5~15番までの右側席だ。

左右非対称の座席コンフィギ。
11席分を10席に広げたシートピッチは果たしてどれほどの効果があるのだろう。
次回乗るとき、確かめてくることにしよう。

夏休みの宿題は夏休みに入る前に片付けるタイプだったが、
最近は宿題をあえて残しておいた方が良いと思うようになった…。


いつも見て頂きありがとうございます。
ポチっと押すとランキングが上がります。
↓目指せランキング1位。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。