【フィンエアー搭乗記(名古屋-ヘルシンキ)】 隣の席は本命の女性

Category : フィンエア
エコノミークラスは隣の席に座る人によって快適さが結構変わる。
僕が一番嫌なのが日本人のオジサンが隣に来ること。
日本人のオジサンだけは絶対に来て欲しくないと思っている。

もちろんその人の人柄によるのだが、
総じて日本人のオジサンとは話ができないと思うからだ。
僕も含め男性は女性よりコミュニケーション下手であることが多く、
年上であればさらにコミュニケーションは取り辛い。

じゃあどんな人が隣に来ると嬉しいかと言うと、

そんなの若い女性がいいに決まってるじゃないか!

と決めつけるのは早計である。

一番うれしいのは、実はばぁちゃんだ。

僕は年下の女性よりも超年上の女性の方が断然嬉しいのである。

それは単純に、話がしやすいからだ。
若い女性が来ても別に構わないが、僕は若い女性が来ると何だか妙に緊張する。
どこかで何となく意識しているからだろう。

その点年配の女性は気兼ねがいらない。
基本的に年配の女性は向こうからベラベラしゃべってくることが多いので、
特に気を遣わなくても、話を頷いて聞いているだけで済むからだ。

僕が優先搭乗で搭乗し「隣にはどんな人が来るかなぁ」と心配しながら座っていると、
随分と年配の女性が僕に深々とお辞儀をして、
「どうもスイマセン」と言いながらゆっくりと腰を下ろした。
僕は心の中でガッツポーズをした。

よしっ、ばぁちゃんが来た!


ちなみにこれまで隣に来た人を挙げていくと、

・ファットマン(やたらと太いアメリカ人)

・凄い巨体の黒人男性

・いきなり「席変わって」と言ってくるフィリピン人

・常に無表情の日本人のオジサン

などなど、酷いにもほどがあった。
いつも「ツイてねぇの」と言いながら、我慢して座っていたのだ。

ここへ来てやっと本命に出会えたわけである。
日本人ばぁちゃんのいいところは、

・体が比較的小さい(隣から来る圧迫感が無い)

・基本的に愛想が良い

・話が弾みやすい

の3点である。

さて、そのばぁちゃんはとても品が良く60代から70代前後に見えた。
(後から聞いたのだが70代半ばだと言う。その歳で海外旅行ができるのが凄い。)


ばぁちゃんは何と右手に現地語の新聞を持っていた。
日本の新聞ではなく英字新聞でもなく、フィンランド語?の新聞なのだ。

まさかこのばぁちゃん、スーパーバイリンガルか?

僕は驚きを隠しながらチラチラとそのばぁちゃんのしぐさを観察していた。
どう見ても日本人だ。
周りとは普通の日本語でしゃべっている。

でも外国語の新聞を持っている。
この新聞、ホントに読めるのか?

すると、突然後ろの人に話しかけた。

「これ使って。」
「下に敷くといいよ。」

なるほど、そういうわけか!

ばぁちゃんは新聞を開いて中から数ページを取り出し、
後ろのツアー仲間にあげていた。
そして自分の下にも敷き始めた。
新聞を下に敷き、靴を脱いで過ごす戦法だったようだ。

だよね、まさかこのばぁちゃんがスーパーバイリンガルなわけないよね。
ばぁちゃんが新聞を下に敷くのを見て、僕は少し安心した。

しかしまぁ、隣のばぁちゃんは寛ぎ方を良く知っている。
もしかしたら僕よりも長距離国際線に乗っているのではないか?
直感的に「このばぁちゃん、相当海外旅行に行っているな」と思った。

また、隣のばぁちゃんは食事のとき、
携帯用の手拭シートを取り出して僕にくれた。
そのことからも相当に海外旅行慣れている様子が伺えた。

真相はすぐに明らかになった。
最初何も話はしなかったのだが、
前のスクリーンを見ながら必死で時計を合わせているのを見て、
僕の方から切り出したのだ。

僕:「どちらまで行かれるんですか?」
ば:「北欧を回るんです。」
僕:「1週間くらいですか?」
ば:「10日です。」

僕の思ったとおり、色々と話をしてくれた。
日本人のばぁちゃんが隣に来て欲しかった理由はそこにあった。

話しているうちに、やはり旅行好きであることが分かった。
どうやら毎年ヨーロッパに出掛けているらしい。
ヨーロッパで行きたいところはもう全て行ったと言う。

一番良かったのはクロアチアだったそうだ。
「(クロアチアは)本当にに綺麗なところですよ~。」
と感慨深げに僕に教えてくれた。
なかなかそう言えるばぁちゃんははいないだろう。

歳は70半ばと言っていた。
当初は旦那と2人で行っていたが、旦那に先立たれ、
今は一人か仲間と毎年海外旅行に行っていると言う。
もういい加減長距離の旅行が辛くなってきたというので、
今回が最後だと行っていた。

僕:「いやいや、まだまだ行けますよ。」(←本当にそう思った)
ば:「いやいや、もう体も限界です(笑)。」

そんなことを言いながら笑っていたわけだが、
70半ばで一人でヨーロッパに出掛けられると言うのは本当に凄いと思う。
素晴らしい老後の人生だと思った。

「僕なんかよりもうんと海外に行かれてるんですねぇ。」
と言うと、少し照れながら、
「そんなことないですよ~。」と笑っていた。

そんなばぁちゃんと10時間隣同士。
そこまで沢山話をしたわけではないが、
僕はばぁちゃんと隣同士、楽しい時間を過ごせた。


これで僕の想いは成就し、仮説は証明されたわけだ。

隣はやっぱり日本人のばぁちゃんがいい。

と。


いつも見て頂きありがとうございます。
ランキング1位維持は時間の問題ですが、押すと順位が維持されます。
↓どうぞ。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索