【フィンエアー搭乗記(名古屋-ヘルシンキ)】 欧州へ最短最速は証明された

Category : エアショー
10時間のフライトも半分以上が過ぎた。
映画も見終わり読書もし終わると、結構ヒマになってくる。
この時間帯になると「まだかなぁ」と到着時間がやたらと気になってくる。


2014JUL-FIN-71.jpg
僕の乗るフィンエアー79便はウラル山脈に差し掛かろうとしていた。


2014JUL-FIN-72.jpg
ウラル山脈はアジアとヨーロッパを分ける山脈。
中学か高校の地理の時間にそう習った。
そう、今、飛行機はヨーロッパ域内に入ろうとしているのだ。


2014JUL-FIN-73.jpg
ウラル山脈ではちょうど雲が切れていた。
ずっと平地だったところに突如として山が現れる感じがした。
まさに地図の通りの地形だった。


2014JUL-FIN-74.jpg
ウラル山脈それなりに大きな山脈であることが分かった。
しかしそんなに高い山はなく、ヒマラヤやアルプスの比ではないことも分かった。
これも地理で習った通りだ。
学校で習う地理は意外と役に立つ。
「あ、習った通りだ」そう思えるのが快感だったりもする。


ディセントが始まると気持ちはもう到着したも同然。
随分と心が軽くなる。

やはり10時間のフライトは12時間のフライトよりも楽に感じた。
よく乗るデルタの中部-デトロイト線は12時間。
中部-ヘルシンキは10時間。
たかが2時間の差であるが、その2時間の差は大きいと感じた。

これがフランクフルト経由など選ぼうものなら、
飛行時間はデルタと同じなので、きっと辛いと感じたに違いない。

「欧州へ最短最速」のフィンエアー。

宣伝は誇大広告ではない。

体がそう言っていた。


2014JUL-FIN-76.jpg
そしてずっと昼の時間帯を飛行するのも楽だと感じた要因だったかも知れない。
ブラインドを占めている人が大半だったが、
僕は窓のブラインドを半分しか閉めなかった。
外は昼、そのことを認識したかったからだ。
外が明るければ眠くなりにくいから、下手に眠ってしまってボケることがない。


2014JUL-FIN-75.jpg
地上が近くに見えるとにわかに興奮が高まる。
まだ見ぬフィンランドの地はどうなっているのかと身を乗り出して外を眺めた。


2014JUL-FIN-77.jpg
ヘルシンキについては全くの無知であるが、
見えたのは街の中心地に近い場所である気がした。
こじんまりとした街並みだった。


2014JUL-FIN-78.jpg
緑が多く平坦。
僕のイメージする北欧の景色そのものだった。


2014JUL-FIN-79.jpg
ヘルシンキ・ヴァンバー空港に到着。
隣にはマリメッコ塗装のA340がいた。
後ろの方から「あ、かわいい~!」なんて声がした。


2014JUL-FIN-80.jpg
反対側にはなんとLOTの787がいた。
まさに出発しようとするところだった。
初めて見るLOTの787だったが、意外とカッコいいではないか。


到着した僕の足取りは軽かった。
フライト後の疲れが違うのだ。

よくよく考えてみると、「欧州へ最短最速」という宣伝文句は、
「欧州の主要都市の中でヘルシンキが最も日本に近い」という意味である。
それ以上の意味は拡大解釈となる。

ヘルシンキで乗り継ぐよりも他の空港で乗り継いだ方が良い都市だってあるはずだ。
フランクフルト経由の方が早い都市だってきっとある。

それでも僕はヘルシンキ経由を選びたいと思った。
それは、ヘルシンキから先、欧州のどこへ乗り継いだとしても、
最も長いフライトは日本からヘルシンキまでの10時間だからである。

12時間のフライトの後に1時間のフライトがいいか、
10時間のフライトの後に3時間のフライトがいいか。
僕なら迷わず後者を選ぶ。

そういう意味で「欧州へ最短最速」は、
「欧州へ乗り継ぐのならばヘルシンキ経由が最も近い」
と拡大解釈をしたとしても正しいと思う。

同じところに行くにしても、長距離路線を乗る時間が短いというのは、
それだけで非常に大きなアドバンテージになるのだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓押すと順位が上がります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索