成田空港のカードラウンジをハシゴ、そのヴィンテージ感に唖然!

Category : 成田空港
僕が成田空港に到着したのは16時半。
ホテルに直行してもつまらないので、成田空港のカードラウンジを探索することにした。
調べると成田空港第二ターミナルにはカードラウンジが2つあるようだった。


20140731_NRT-01.jpg
一つ目が北ウィング。


20140731_NRT-02.jpg
地図で言うと、TEIラウンジと書いてある緑色のところだ。
TEIラウンジ?何だか怪しげな名前だ。


20140731_NRT-03.jpg
入室資格者が壁に貼ってあるが、
基本的にはVISAグループのゴールドメンバーが入れるラウンジである。

外観のショボさに一瞬ひるんだが、勇気を出して入ってみることにした。


20140731_NRT-04.jpg
外観のショボさに負けじと中もショボかった。

何だこの事務所は?

みたいな感じで、エグゼクティブな男達には相応しくない非常に微妙なラウンジであった。


20140731_NRT-05.jpg
スペースはこれだけ。
どこかの中小企業の応接室に連れて来られたかのようだった。


20140731_NRT-06.jpg
コーヒーは2種類から選べるが、
ペプシの紙コップで飲まざるを得ないのは悲しかった。

どうしても気分が乗らなかったのでコーヒーを飲んですぐに出た。
次のラウンジに期待である。


20140731_NRT-07.jpg
南ウィングに移動しよう。


20140731_NRT-08.jpg
地図では一番右下の緑色、IASS Exective Roungeと書かれた場所である。
名前からするに、また怪しげな匂いがする。


20140731_NRT-09.jpg
入口。
こちらのラウンジの入室資格は、JCBカード、UCカード、
その他ボードに書かれたカードのゴールドカード保持者である。


20140731_NRT-10.jpg
部屋の広さは先のラウンジよりも圧倒的に広い。
しかし一昔前の古めかしさは否めなかった。

椅子が昭和だ。


20140731_NRT-11.jpg
結構プライベートな応接ルームみたいなのもあって意外と良かったが、
僕がここでひっそりと寛いでいると、5人連れのヤンキー家族が突然入ってきたので、
黙って譲らざるを得なかった。
(気を遣って席を立ってやったんだから礼くらい言えっつーの。)


20140731_NRT-12.jpg
飲み物は普通。


20140731_NRT-13.jpg
お茶やコーヒーも至って普通であった。


2つのラウンジをハシゴしてみて、成田空港のカードラウンジのショボさがよく分かった。

驚くのはそのヴィンテージ感。

日本を代表する国際空港に似つかわしくない古めかしさだ。

カードラウンジに期待する方が悪いかも知れないが、
世の中には素晴らしいカードラウンジもあるわけなので、
是非とも某空港なんかを見習って欲しいものである。

(過去記事:国内最上級!広島空港のカードラウンジ「もみじ」)


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングが上がります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索