スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









今度はホテルが火事【僕は何を持って逃げたか】

Category : 海外旅行
米国で大風邪を引いた次はホテル火災。
9月の米国滞在は災難続きだった。

夜中の4時、僕は目が覚めてしまいトイレで用を足していた。
すると、何やら妙なベルの音が…。
日本のような非常ベルのけたたましい音ではなく、比較的遅い穏やかな音だった。
カ~ン、カ~ン、カ~ンみたいな感じだ。

半分寝ぼけ眼の僕は「火事?」と思ったが、誤報だったら面倒だなぁと思い部屋にとどまった。
館内放送も入らなかった。
でも不安だったのでとりあえずドアを開けてみた。
誰もいないし、火災の兆候も見られない。
「ま、いっか」。
ひとまずドアを閉めた。

「ホントに火事だったらヤバくないか?」と不安がよぎったので、
とりあえずすぐ逃げられるよう荷物をあさり服を取り出した。
少し廊下がザワついていたので、もう一度ドアを開けてみた。

階段から人が逃げている。
それを見た僕は「これはヤバい」と思い直し、急いで着替えて部屋を出た。

僕が部屋を出ると上から続々と人が降りてきていた。
僕も列に加わり1階まで降りた。
ちなみに僕の泊まっていたのは5階である。

1階に降りると消防車が来ていた。

2014SEP_MISC02.jpg
ホテルの前は宿泊客でごった返していた。

結局、火災警報は誤報だった。
しかし「隣のコンドミニアムがどうたらこうたら」と言っていたので、
完全に誤報ではなかったようだ。(←よく聞き取れず)
まんざら逃げなくてもよいシチュエーションだったわけではなさそうだった。
何よりも大事に至らなくて良かったと思った。

さて、僕が逃げる時に持って出たものは何だろう。
冷静になって自分の取った行動を検証してみたい。

僕が持って出たものとは、

・財布
・カメラ
・スマホ
・スマホの充電器

の4点である。
肝心のパスポートは忘れていた。

このとき僕が何を大事にしたかがよく分かる。
無事に帰国するよりもネタ作りを優先していたのだ。
デジカメはもちろんのこと、スマホの充電器まで持って出ていることからも
いかにネタを発信するかに重きを置いている。

逃げる前、僕は結構冷静に
「えーっと、デジカメだろ、スマホだろ、おっと充電器忘れたらダメだ。」
なんて言いながら机の上に置いてある情報機器を選んでいた。

もう一ついけなかったことがある。
周りの状況を見て自分の行動を決めたことだ。
火災警報が鳴ったら、火災が見えなくてもすぐに逃げる必要がある。
でも意外にそれができないことが今回浮き彫りになった。

みんなが逃げるのを見て逃げた自分。
誤報だから良かったものの、
もし本当の火災だったならばサバイバー(生存者)にはなれない気がした。
5階だからすぐ逃げられる、そう高をくくったのも良くない。

とにかく火災警報が鳴ったら誤報であってもまず逃げるのだ。
本当の火事、しかも階下で火事が起きていたら本当にマズかった。

・ネタ作りを優先したこと
・みんなの行動を見てから逃げたこと

僕はダブルでミスを犯した。


1階に降りて約40分後に警報は止まった。
一人部屋に戻り、とりあえずFBにアップした後、
僕はどうしようもない後悔の念に襲われていた。
オレって本気でバカじゃないか?
真剣にそう思った。

次回、同じ経験をしたら、パスポートは必ず持ち、そしてもっと早く逃げるつもりだ。

しかし情報機器のセレクションは間違っていなかったはずだから、
やはりデジカメ、スマホは確実に持って逃げるだろう。
そして充電器も決して忘れぬよう…。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。