デルタ747中部撤退前に747エコノミークラスに乗れてよかった。

Category : デルタ航空
デトロイト発中部行きDL629便はずっと日照のある時間帯を飛行するため
緯度により多少の明るさの変化はあるものの、基本的にはいつでも外が見られる。


2014SEP_DL629-13.jpg
ときどきナンバー5ドア(最後尾のドア)に行ったり、


2014SEP_DL629-14.jpg
ナンバー2ドアに行ったりして気分をリフレッシュさせた。


2014SEP_DL629-15.jpg
残り2時間。
まもなく北海道だと思うと心がふっと軽くなる気がした。

北海道を横切り日本海に出た。


2014SEP_DL629-17.jpg
八郎潟だ。
これまで沢山飛行機に乗ってはいるものの、
実は八郎潟をこんなにくっきり視認するのは初めてである。

角ばった形が人工的に埋め立てたことをよく物語っている。
調べるところによると、八郎潟は琵琶湖に次ぐ大きさの湖だったとか。
それが干拓を行ったことによって18番目の大きさの湖になってしまったのだそうだ。
現在の2番目の大きさの湖が霞ヶ浦であることを考えると、
随分と小さくなってしまった印象である。


2014SEP_DL629-18.jpg
間もなく新潟という頃、西に傾く太陽が日本海を照らしていた。
ここまで来ればもうあとはへっちゃら。
腰が痛かろうが足が痺れていようが、30分で全てが終わるのだ。
明けない夜はないように、終わらないエコノミークラスはない。


2014SEP_DL629-19.jpg
セントレアには定刻よりも30分程度早く到着した。

さて、昨日10/26を持ってセントレアから去ってしまったデルタの747。
今回復路のエコノミークラスを初めて体験できたのはある意味良かったと思っている。
飛行時間13時間台の747と14時間台のA330の飛行時間を比較する必要があるからだ。
「帰りはビジネスしか乗ったことありません」じゃ話にならない。
エコノミーとビジネスの両方に乗ってこそ初めて両者の差を語れるからだ。

と今となってポジティブな気持ちだ。
全ては降りてしまえば、の話であるが…。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索