セントレアがつぶやいたA350のツイートが凄い

Category : A350
今日もセントマーチンの記事をアップしようかと思ったが、
羽田にA350が飛来したのでそちらの記事に緊急シフト。

と言っても、僕が羽田にA350を撮りに行った写真をアップするとかそういう話ではない。
セントレアがつぶやいた一件のツイートについてだ。

その前にA350の羽田飛来について。

A350は現在、欧州エアバス社が開発中の旅客機である。
飛行試験も最終段階に入り、ルートプルービングフライトとして世界中を回っている。
1回目の世界ツアーの時には日本はパスされたが、
2回目の世界ツアーの今回はちゃんと日本も経由地に入れられ、
今日11月19日15時過ぎ、羽田に到着した。

その羽田飛来に関するセントレアのツイートが凄いのだ。


20141119_A350-01.png
これがセントレアがつぶやいた一件のツイート。
なんと462リツイートもされている。(同日22時20分時点)
お気に入りに入れられた数は410件である。

羽田に向かうA350をセントレアから見上げて撮ったものだ。
A350と全く関係のないセントレアのつぶやきが何故これほどまでに反響を生んだのか。


その前に。

20141119_A350-02.png
エアバスの公式ツイートでは472リツイートと、若干セントレアよりも勝っているが、
お気に入りに入れられた数を「反応数」として足し算すると、セントレアの方が勝っている。


20141119_A350-04.png
そしてこちらは日本で最も権威ある航空(旅客機)雑誌「月刊エアライン」のツイートだ。
266リツイートという数は「大ヒット」と呼んでもよいくらいのリツイート数だが、
セントレアには大きく離されている。


リツイートの法則を僕の経験から述べよう。
沢山のリツイートを得るためには、

あっと驚くような良いネタを新鮮なうちに提供する。

これに尽きる。
僕も1000件程度のリツイートをされたことが過去に確か2回ほどあったが、
ちゃんとこの法則が成り立っていた。
(787関連のツイートであることは間違いないんだけど、昔のことで探せない…。)

ではセントレアのつぶやきのどこがこの法則に当てはまっているのか。

まず、「あっと驚く」の部分だ。

まず上空を通過するというシーンが意外感を誘う。
そしてA350には全く関係のないセントレアがつぶやいていることも
驚きの要素として非常に大きい。

次に「良いネタを」の部分。

20141119_A350-05.png
これは素直に写真が素晴らしい。
スカッと晴れた青空にコントレールを曳いて飛んでいるA350の絵。
しかも裏側のA350もくっきり見える。
この写真を見て「美しい!」と思わない人はいないだろう。

最後に「新鮮なうちに」の部分。
これは「いち早く」という意味に捉えてもらって良い。
まだ羽田に到着する前、人々が「今か今か」と待ち受けている時に、
こんなツイートが飛び込んで来たらどうするだろう?
間違いなくリツイートしてしまうに違いない。

人は同じようなツイートが流れてくるとだんだんと新鮮味がなくなりリツイートをしなくなる。
というのが僕の経験則である。
要するに飽きるのである。
セントレアのツイートは人々が飽きる前に、と言うよりも、
羽田よりもうんと早い時点でツイートしたことがこれほどのリツイートを獲得した理由だと思う。


最後に、こちらが僕のツイート。

20141119_A350-03.png
これを発信した時点でのリツイート数は確か300程度だった。
僕のフォローしているニュース関連のアカウントを見ると、
A350に関してセントレアのリツイート数ほどリツイートをされているものはなかったので、
こんな風につぶやいてみたというわけだ。

有難いことに僕のツイートでも6人もリツイートしてくれている。


セントレアのツイートは結構マニアックだ。
一般の人にとってはどうか分らないが、航空マニアにとっては非常にウケがいい。

これからもあっと驚くようなつぶやきを期待している。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すと一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索