俺のロンドン食事編【名物は食べるべきか】

Category : 海外旅行
1日目はラップサンドとどら焼き。
2日目はハンバーガー。
3日目になって初めてその土地らしいものを口にした。


FIA14-LON-13.jpg
ロンドン名物フィッシュ&チップスだ。

イギリスは飯がマズい」
「フィッシュ&チップスなんて最悪だ!」

という噂は本当かと試してみたが、予想に反しかなり美味しかった。
素材の味を生かした非常にシンプルな魚フライだった。
ただ、他に何か発見があったかと言えば特に何もなかった。


FIA14-LON-14.jpg
こちらはステーキ。
これは美味しくなかった。
全く味がしないのだ。

そうか、イギリスのメシは自分で味付けをして食べるんだな!
ステーキなのに何故かケチャップを付けて食べた。


4日目の夕食は駅でパスタ。
とにかくクタクタで歩く気がしなかった。
その場にあるものを口に入れられればいいと思った。


FIA14-LON-15.jpg
フィットチーネだったか何だか忘れたが、
メニューを読んで想像できるのがこれしかなかったのでこれにした。
パスタを食べたかったわけではないが、2日目のハンバーガーよりはマシだと思った。

麺は伸び伸び、味は薄め。
でも腹が減り過ぎていたので、その時はとても美味しく感じた。

腹が立ったのがウェイターの態度。
パスタを持ってきてもらったときに、「サラダいかが?」と聞かれて、
よく分からず「ハイ」って答えたら、ちゃっかり4ポンド取られた。

海外ではそういうのは普通なのだが、日本の感覚からすると、
値段を言わずにモノを勧めて金を取るってのがどうもしゃくに障る。

日本だったらサラダがタダで付いてくるときってあるじゃない?
韓国なんか頼んでもないのに、おかずセットがどっさり付いてくるじゃない?
そういう感覚だとダメなのかと改めて思わされた。

旅の予想外の出費は想定内。
経験代と思って快く払うのが精神衛生上最もよいのだ。



ハンバーガーを食べるのも良し。
その国の名物を食べるものも良し。
適当に入った店でパスタを食べるのも良し。
結局ご飯なんてどこで食べても楽しいのである。

海外に行くとご飯に情熱を注ぎたくなることもあるが、
「何となく」で入ったお店で食べてもそれなりに貴重な体験ができる。

フィッシュ&チップスは確かに美味しかったが、
かと言ってすごく思い出に残ったかと言えばそうでもない。
ハンバーガー屋や駅のパスタの店の方が、面白い経験ができた。

ロンドンでの夕食は、

「何も無理に名物を食べる必要はない」

そう僕に教えてくれた気がする。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票が入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索