スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









フィンエアー搭乗記(ロンドン-ヘルシンキ)【妙に不安をあおる否定形の放送】

Category : フィンエア
全員搭乗してもなかなかドアが閉まらない。
どうしたものかと心配していたら、放送が入った。

「バゲージが何とかかんとか」と言っている気がしたが、よく聞き取れなかった。

コックピットのドアが開いていたので、
バゲージと言いつつ、実はシステムの不具合かも知れないと思ったのでクルーに聞いてみた。
「アナウンスが聞き取れなったんだけど、何がトラブル?」と。
そしたら「バゲージシステムが故障して、全部手動でやっている。それで遅れている。」
とのことだった。

再び放送が入った。

「バゲージの問題は続いています。」

とだけだ。

やがてドアは閉まった。

「バゲージの問題は解消しませんでした。」

と放送が入った。

僕はにわかに不安を覚えた。
解釈を間違えると、その放送は、
「何か不審な手荷物があってそれを特定できなかった」
ように聞こえてしまうのだ。

状況からすると、「システムは結局復旧しなかった」という意味だろうが、
否定形で終わる放送は乗客を妙に不安にさせるものである。

「トラブルは解消しなかったが、プロフェッショナルなチームが手動でコンプリートさせた。」
みたいなことを言ってくれればこちらは安心できるのに、
言葉足らずで否定形だったものだから、
何だかモヤモヤした気持ちが残ってしまったのである。


変な荷物、乗ってないよね?

まさか・・・。
不安は解消されなかったが、フィンエアーを信じ身をゆだねることにした。

結局1時間遅れで出発した。


2014JUL-AY832-08.jpg
フィンエアー832便はロンドンの空に舞い上がった。
バゲージのトラブルは解消しないままに。


2014JUL-AY832-09.jpg
何となく不安を抱きながら、どんどん遠くなるロンドンの街を眺めていた。


2014JUL-AY832-10.jpg
ヘルシンキまでは3時間。
ちょうど日本から台湾くらいの飛行時間だ。

結局到着まで何もなかったのだが、実に不安な出発の仕方だったことを覚えている。
もう一度言いたい。

トラブルの後、否定形で終わる放送はやめて欲しい。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票が入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。