ソネスタ・マホ・ビーチ・リゾート【朝食はバードストライクに注意】

Category : セントマーチン
朝食は朝7時から食べられる。
朝食も夕食同様ビュッフェ(バイキング)形式である。


2014OCT-SONESTA-32.jpg
フルーツジュースは4種類。
オレンジ、クランベリー、パイナップル、アップルだ。
僕はパイナップルジュースが好き。


2014OCT-SONESTA-33.jpg
ハム、チーズ、トマト、ヨーグルト。
チーズに関しては昨日の夕食で置いてあったチーズをスライスしたものだとすぐに分かった。
明らかに使いまわしだと分るとちょっとゲンナリする。


2014OCT-SONESTA-34.jpg
こちらはポテトやスクランブルエッグなど。
いわゆる朝の主食である。


2014OCT-SONESTA-35.jpg
フレンチトーストと卵料理は目の前で焼いてくれる。
僕はフレンチトーストと一切れ取り、目玉焼きをオーダーした。


2014OCT-SONESTA-36.jpg
こちらはフルーツ。
よりどりみどりだ。
僕の好きなマスカットがあるのが嬉しかった。
大きな房を取り、自分の皿に載せた。

実はマスカットが家にあったとしても僕はほとんど食べられないのだ。
それは息子にあげてしまうから。
息子は僕と同じくマスカットが大好き。
マスカットを買ったり貰ったりしても、そのほとんどを食べられてしまう。
すごく欲しそうな顔をするから、僕は自分の食べたい気持ちを抑えて、息子に全部あげてしまうのだ。
(たまにバレないところでつまんで口に入れているが・・・。)


2014OCT-SONESTA-37.jpg
ハイ、僕の朝食、出来上がり。


さて。
このホテルで注意すべきことを一つ。

一旦お皿をテーブルに置き、別のものを取りに行って戻ると、
僕のベーコンが皿から落ちていた。
取ってきたマフィンも少し食べられていた。

「えっ!何これ?誰の仕業?」

という顔をしてキョロキョロしていたら、斜め前のオジさんが
「鳥がつついてたよ。」
「一匹じゃなくていっぱい。」
と教えてくれた。

なるほど。

席を離れると鳥がご飯を食べに来る

のである。
鳥も慣れたもので、人間の食事のつつき方をよく知っている。
航空用語ではこれを、

バードストライク

と言う。(ちょっと意味違うだろ!)

僕はスタッフを呼び、
「鳥につつかれたんだけど、もう一回同じもの取ってきていい?」と一言断り、
もう一度同じものを取りに行った。

その時、スタッフは「ちゃんとナフキンを掛けて行ってね」と、
フルーツの皿にナフキンを掛けてくれた。

席を外すときは皿にナフキンを掛けるのが常識

のようだ。

僕は昔からリゾートホテル(東南アジアが主)には幾度となく泊まっているが、
席を立った時に鳥に食べられたのは初めてだった。
今までが運が良かったのか、それともこの島の鳥はタチが悪いのか。


2014OCT-SONESTA-38.jpg
レストランからの眺めはこんな感じだ。
気付くかどうか分からないが、一応飛行機を絡めて撮ってある。
そう、ここは降りてくる飛行機を眺めながら食事ができるレストランなのだ。

素晴らしいではないか。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索