成田でUSベースのクルーをピックアップ【デルタ747搭乗記】

Category : デルタ航空
房総半島九十九里浜を通過すれば間もなく成田空港RWY34だ。


2014OCT-DELTA-19.jpg
関東地方も台風一過とあって非常に風が強く波が高いことを物語っていた。


2014OCT-DELTA-20.jpg
成田空港に着陸。何だかデジャブのように感じたのは、以前もこのDL630便に乗った時に、成田に緊急着陸したことがあったからだ。

過去記事(2013/06/12):成田に緊急着陸したデルタ機に乗っていた話


2014OCT-DELTA-21.jpg
ゲートに到着。乗客は降ろさず、乗員のみの交代となる。はじめ僕は、マニラ→成田線が欠航していたので、その乗客をこの便に乗せてきたと思っていたのだが、どうやらそういうわけではなく、乗員だけが乗り降りすることになっているようだった。


2014OCT-DELTA-22.jpg
乗員交代の瞬間だ。実はクルーに「どういうクルーのオペレーションになっているのか?」と聞いてみたのだが、全く理解できなかった。

言っていたのは、
「成田でUSベースのクルーをピックアップする。」
「僕ともう一人のクルーだけはマニラからデトロイトまで乗る。」
という2点だけである。

僕に説明するのが面倒だと思ったのか「とてもコンフーズィングなんだよ」と自ら言って途中で話を強制終了させられたので、やはり乗員繰りというものは想像以上に難しいのだろう。一つだけわかったことはアメリカに帰る必要のあるクルーをこの便に乗って帰らせるということだ。

乗員が交代してもすぐには出発できない。整備士が乗ってきて何やらゴチャゴチャやっていた。

2014OCT-DELTA-23.jpg
その間クルーはおしゃべり。優雅なものだ。また、燃料を積み込む作業も行わないといけないので、乗員交代だけと言われても、1時間くらいは地上滞在時間が必要になってしまう。

僕はというと優雅にビジネスクラスシートで読書。嗚呼、成田経由最高だ。たまらなく楽しい。でもそれはビジネスクラスに乗った時だけ。この幸せは皆が皆感じられるものではないということを忘れてはいけない。仮にエコノミークラスに乗っていた賭したら僕は相当イラついていたに違いない。これほどまでにアップグレードされてよかったと思ったことはない。

僕はアップグレードされたことに本当に感謝しながら、再出発の時を待っていた。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索