スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ヴァージン搭乗前になんと、カメラが故障!【緊急事態の全記録】

Category : ヴァージンアトランティック航空
前回のヴァージンの尾翼を撮り終えた後、悲劇が起きた。

スコーク7700。

緊急事態が発生。

な、な、なんと、カメラが故障したのだ。

使用カメラはキャノンのコンパクトデジカメS100。先回記事のヴァージンの機体を撮った後、レンズが格納されなくなり、ピピっという音がして「レンズエラーを検知しました」というメッセージが黒い画面に表示されたのだ。電源を何度入り切りしてもダメ。バッテリーを抜いてもダメ。やれることは全てやったが、レンズエラーは解消されなかった。

かさばるので今回一眼レフは持ち合わせていない。スマホのカメラはショボ過ぎて使い物にならない。ほぼ唯一の画像記録媒体が壊れたキャノンのコンデジだった。気が付くと僕は背中にびっしょりと冷や汗をかいていた。

ブロガーとしてこれほどまでに窮地に陥ったことはなかった。今日はヴァージンに搭乗するとあって、いつもの初便と同じような意気込みで来ている。僕にとって最初で最後のヴァージン搭乗になるかも知れない。そんな貴重な一便にカメラなしで搭乗できるはずがなかった。

すぐに新しいカメラを買う決心をした。

どのクラスのカメラを買おうか一瞬迷ったが、きっと壊れたカメラは修理すれば直る。だからとりあえず安いものを買っておこうと考えた。決心は早かった。いや、すぐに決断をするしか状況が許さなかったのだ。搭乗まで2時間を切っていた。カメラを買っても充電ができていなければ搭乗時点から撮影することはできない。

僕はとりあえず電気屋を回った。幸いなことに成田空港にはアジア圏からの旅行者向けに電気屋がたくさんある。デジカメもたくさん置いてあった。しかし一軒目に行ったAKIHABARAという一番大きな店に、安いカメラは一台もなかった。最低でも3万円弱だった。「え?こんな高いの?」。それなりの上位機種だったが、今回の僕には必要がなかった。(でも結構迷った。)

次に見た店はASAKUSAという店。そこには1万円台の機種が2つあった。一方が12500円、もう一方が11800円だ。ほとんど値段が変わらなかったのでよりいい方を買おうと、12500円のものにしようと思ったのだが、展示品限りということで躊躇した。

いや、待てよ。展示品限りならば安く買えるかも。僕は値切り交渉を行った。「展示品でいいので安く売ってください。」と僕は懇願した。店員は中国人だった。中国に旅行して値引き交渉をしている気分だった。中国人店員は「店長に聞いてまいります」と言ってすぐに戻ってきた。なんだか申し訳なさそうに「500円引きます。」とだけ言った。

500円引きはちょっとナメている。1万円くらいにしてもらわないと買う気にはなれない。「1万円になりませんか?」と聞いたが答えはノーだった。「今後も売っていく商品なので値引きはできない」。理解できるような理解できないような理屈だったが、とりあえず僕は値引き交渉を諦めた。こちらは状況が状況だったので、グズグズ値引き交渉をしている時間などなかったのだ。

仕方なく11800円のカメラを買った。キャノンのIXY130だ。ちなみに展示品限りのものは一つ上位機種のIXY140だった。IXY140は24㎜から、しかも10倍ズーム。一方のIXY130は28㎜からの8倍ズーム。値段がほとんど変わらないのならば広角のが欲しかった。が、汚れに汚れた展示品を買う気にはなれなかった。


2015JAN-VS901-09.jpg
左の箱が今回買ったカメラだ。レンズが出っぱなしになっている黒いのが壊れたカメラである。(スマホで撮影。すべて写真をスマホで撮るというのは無理だろう。)

カメラを買った後、僕はラウンジへ急いだ。「半分くらい充電されてます」とのことだったが、どれだけ残量があるかは分からない。とにかくたくさん充電しておかないと不安である。搭乗時が最もカット数が多くなるので、とにかくその不安を取り除きたかった。

ラウンジでホッと腰を下ろしたときには、冷や汗から運動後の汗に変わっていた。あちこち歩き回って汗びっしょりになってしまったのだ。なりふり構わず箱からカメラを取出し充電器をプラグに差して充電を開始した。幸いなことに初めからそこまで残量がないわけではなさそうだった。1時間くらい充電できれば行けると思った。

これで何とかなった、、、。

これから大事な一便に乗るというのにカメラが故障。しかし考えようによっては搭乗後でなくて本当に良かったと思っている。搭乗直前でもアウトだった。故障したのが搭乗2時間前だったので、カメラを買って充電する余裕まであった。そういう意味ではラッキーだったのかも知れない。プロが常にカメラを2台携えている意味がよく分かった。

よしっ、それでは気を取り直してヴァージン搭乗記を始めるとするか。(期待が大きすぎて最後の方、え~ってなるかも!)


冒頭の「スコーク7700」の意味:
緊急事態が発生したときに航空機から出す信号。地上のレーダ管制向けの信号で音声通信ができなくても地上管制に緊急事態を伝えることができる。トランスポンダという機械から発信される。御巣鷹山の日航機事故の時には、異常が起きてまもなく、機長が「スコークセブンセブン(をセットせよ)」と副操縦士に伝えている。その他、7500はハイジャック。7600は音声(ラジオ)通信不能の緊急信号。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。