スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









一流の男の鞄の中には何が入っているのか。

Category : 海外旅行
(ブログ上)やっと米国到着。さぁ一流の男のスーツケースを開けてみよう。


2014OCT-DELTA-81.jpg
な、な、なんと、スーツケースの中にはクノールのスープパスタとCOMOのロングライフパンが入っていた。僕は海外に行くとき、必ずこれを1セットまたは2セット持っていく。

今回のようにダイレクトでデトロイトに飛ぶはずが成田経由になって大幅に遅れてしまったときなど、これらの食料品がとても重宝する。ホテルに着くと既に外は暗いし、周辺の地理が分からないので外を出歩く気にはなれない。そもそも徹夜をしてるので体は眠りたいと言っている。でもお腹が減っているので少しでいいから何か食べたい。そんなとき、スープパスタとパンがあればとりあえずの食事になるのだ。

スープパスタはお湯を注ぐだけ。そして2~3か月の賞味期間を持つCOMOのロングライフパンは早く食べなきゃと焦ることもない。(これは10月のなので11月6日の賞味期限はやや短い。)

長距離の移動を伴う場合、思うような時間に食事を摂れないことがある。ホテル着が深夜になってしまったとき、また時差ボケの影響で朝早く起きてしまい、ホテルの朝食の時間まで待てないときなど、日本みたいにコンビニがすぐそこにある国は少ないから、このような軽食は非常食として非常に助かるのである。

COMOのパンは賞味期限の短い普通のパンよりは風味は落ちるが、海外で買う変なパンよりもずっと美味しい。COMOのパンでは僕は特に小倉とスイートポテトがお気に入りなのだが、そもそもアメリカには小倉やスイートポテトが入ったパンなど売っていないから、海外でより一層その存在価値が増すのだ。

ここで少し解説。

COMOは愛知県小牧市にある、東海地方に住む人達にとっては地元の企業。名古屋高速小牧北出口のそばに本社兼工場があって、実は僕も結構な頻度でCOMOの工場の前を車で通る。そんな地場産業とあって小牧空港をベースとしたFDA(フジドリームエアライン)の早朝便ではCOMOのクロワッサンが出される。東海地方の人にとってはとても馴染のあるパンメーカーなのだ。

昔はカロリーメイトやチョコレート等お菓子類を持ち歩いていた。しかし最終的に僕はこの2つを持ち歩くようになった。簡単でもいいから食事っぽいものが食べたい。大切な一食をお菓子で済ませようものなら、士気が下がりまくって一流の仕事など出来ないのである。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。