スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









英語がペラペラだと思わせるたった一つの方法

Category : その他
閑話休題。一息ついて僕の好きな英語ネタと行こう。


誰もが英語をペラペラ話せたらいいなぁと思っている。海外旅行、海外出張に行くと、現地在住の日本人が外国人と詰まることなく英語でコミュニケーションをとっているのを見て、オレもあんな風になりたいなぁと思う。

留学経験がない、海外在住経験がない僕らはやはり英語ペラペラの領域には辿り着けないのだろうか。よく言われることは、子供の頃に英語を身に付けていないのならば、ペラペラにはなれないということだ。そういう人はそもそもペラペラを目指してはいけない。むしろ日本語で考えて、それを即座に英語に変換できる能力を養うべきだとも言われる。

確かにその通りな気がする。僕らにはもう日本語が染み付いてしまっているので、英語ペラペラなんて絶対に不可能なんじゃないかとも思えてくる。

しかし、僕らノンネイティブにもペラペラに見せる方法がある。実は僕がそれを実践しているのだ。

と、「ここまで期待させておいて、また期待外れの記事を書くんじゃないだろうなぁ」と疑っている皆さん、「はい、その通りです。」、「きっと期待外れの記事です。」とあらかじめ断っておこう。

で、ノンネイティブの僕らがペラペラに見せる方法とは何か。

それは発音だけメチャクチャ良くすることだ。

僕はこれで何人の外国人、日本人を騙してきたことか。

とにかく格好つけて、英語を英語らしく発音してみるのだ。これをするだけでほぼ100%ネイティブスピーカーだと勘違いされる。

「アメリカのどこに住んでたんですか?」

「お父様のお仕事の関係ですか?」

「You are NOT native speaker ??? 」
(↑ペラペラじゃないのがバレたときに言われた一言。)

そんなことを聞かれたのは一度や二度じゃない。少なくとも十度くらいはある。

っていうか当たり前だ。発音が良ければ英語ネイティブに聞こえるに決まっているからである。

発音って実は簡単で、聞こえたとおりに喋ればいいだけだ。英会話のCDを買ってきて聞こえたとおりに発音してみる。カタカナ英語は完全に忘れて、言葉ではなく単なる音として発音する。ただそれだけ。

「それが出来れば苦労しないよ」とも言われるが、考えてみると、歌とかってその人の歌い方とかマネるでしょ。カラオケでよくやるじゃん。あの要領。多分みんな無意識にやってる。もしかして日本人の前で英語らしく発音するの恥ずかしいとかって思ってない?格好つけてるって思われたくないから、わざと下手に発音してない?何だかんだと理由をつけてやらないだけじゃない?きっとできる。


でも、この発音だけ良くする方法には一つ問題点がある。ネイティブに見えるだけで実は全然喋れていないってこと。発音だけ良くしても、中身を伴わなければ全く意味がない。

このまやかしの方法よりも、超カタカナ英語発音でも、ちゃんと喋ってるオジさんたちの方がよっぽど偉いってこと。発音だけ磨いても、相手の言ってることは分らないわ、言われたことがわからなければ返せないので会話にならないわで、実は全然いいことがないのである。

ただ、それでも有効な場面ってのがあって。一方的にプレゼンをするとか暗証した原稿を読むとかそういう場面ではかなり使える。質疑応答のないプレゼンならば完璧で、ネイティブぶりを発揮して、最後まで相手を騙し続けることができる。

あと僕が個人的に思ってるメリットは、発音を良くすると確実に一発で聞き取ってもらえるってこと。何度も聞かれないので会話がスムーズに行くし、聞き直されて「通じてないのかな?」と不安になることがない。

もうひとつ、ちょっとだけ自信がついて、喋れないなりにも何となく上手く喋れてる気になるってこと。この「上手く喋れてる気になる」ってのがポイントで、根拠は全くないんだけど変な自信っていうか、その気になって喋ってるってのが一番重要なのだ。

自信の持てることは物怖じせずにやれる。緊張すると、脳の働きが鈍るから良くない。普段出てくる単語が出てこない。でも自信があれば変に緊張することもないから、頭から英語が出てきやすい。

もし喋れなくなったら、「ゴメン、発音だけなんだ、実はうまく話せない」って正直に暴露すればいい。相手は何度聞いても基本的に優しく説明してくれる。別に遠慮する必要など全くないのである。

まぁでも確かに、日本語ペラペラに見える外国人がいたとして、「あ、この人日本語できるんだ」と思って、こちらも日本語でまくし立てたら、(実は言ってることが全然伝わっていなくて)きょとんとされちゃった。なんてのはやっぱ気持ち悪いよね。

発音は完璧だけど会話力を伴わない日本人はそれと同じなわけで、それはそれで相手に奇妙に映るに違いない。まぁだからあんまり格好つけずにほどほどに下手に発音しとくのが実はいいかもね。

ってちょっと遠慮がちに終わってみるが、僕は「発音のみネイティブ並み」を貫き通したいと思ってる。得することもないけど、損もしないでしょ。

発音だけ良くて、何が悪いですか?


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。