天気悪かったけどそれなりに楽しんでる。【中部-新千歳の機窓】

Category : 国内旅行
伊勢湾を上昇するとき左側には三重県が見える。


20141213-NH701-21.jpg
四日市コンビナート。と聞くと何となくイメージがよくない。学校教育で貼られたレッテルは大人になっても剥がれることがない。


20141213-NH701-22.jpg
程なく木曽三川が見えてくる。雲に隠れて名古屋市の街並みが見えないのが残念である。


20141213-NH701-23.jpg
セントレアは晴れていたが、晴れているの名古屋南部のみ。札幌への航路上はほとんどが曇っていた。曇ると窓側の意味がなくなっちゃうから、ホント損した気分だ。


20141213-NH701-24.jpg
次に陸地が見えたのは北海道に上陸しようとするころ。写真に移る火山っぽい山は函館の南東、亀田半島恵山(えさん)である。


20141213-NH701-25.jpg
遠く霞む進行方向左側を凝視すると、滑走路が視認できた。滑走路は4本。左側が旧千歳空港、現在の自衛隊千歳基地、右側が新千歳空港である。


20141213-NH701-26.jpg
滑走路を左に見ながら東に進むと言うことは北側から着陸することを意味する。苫小牧港をずっと西側に見ながら北海道に上陸した。


20141213-NH701-27.jpg
画面中央、僕の眼は新千歳空港を常に捕らえている。


20141213-NH701-28.jpg
木々がそこまで雪をかぶっていないところを見ると、この冬のこの時点(12月13日時点)では雪は沢山降っていないようである。南の海岸沿いには全く雪が積もっていなかったから、12月の半ばの北海道はこんなものなのか。


20141213-NH701-29.jpg
滑走路の真横を通過。このあと、左旋回→左旋回を繰り返し、新千歳空港19LへのILSアプローチコースに乗る。

たとえ曇っていても、景色が見えたら写真を撮ると言うことを繰り返すと、結構沢山写真が撮れるもんだ。何だかんだ機窓を楽しんでる僕は、結局天気なんて関係ないってことだ!


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索