スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









新幹線の車内を語る【リニア鉄道館】

Category : リニア鉄道館
続いて車内を紹介。今度は0系から紹介しよう。


Linear-Tetsudo-46.jpg
これを見ると「古い!」としか言いようがないのだが、確かに0系のシートはこんな風だった。もう一タイプあったと思うのだが、確か自由席がこのタイプの座席で、指定席がもう少しマシな座席タイプだったような気がする。

汚れたドラえもんのようなカラーリング

の座席が僕は好きだった。このシートは向かい合わせにするときに回転しない。バッタンと倒して使用するのである。

このシートを見たら懐かしくて懐かしくて、30年前にタイムスリップしたような気分になった。僕の知ってる「こだま」そのものであった。


Linear-Tetsudo-47.jpg
こちらが0系の食堂車。さすがに0系の食堂車までは記憶にないが、写真を見るにブルートレインみたいに端に通路があって、用のない人はそこを通り抜けていく仕組みだったんだと改めて思わされた。


Linear-Tetsudo-44.jpg
こちらは100系の車内。少し古いが随分と現在の形に近づいているように思う。


Linear-Tetsudo-45.jpg
こちらが100系の食堂車の二階部分。0系と違い端に通路がないのは、一階部分を通って前後の車両に行くことができるからだ。一階部分は調理室になっており、エレベータで上に食事を運ぶ仕組みだ。そのため、横幅をとれるようになり、2-2配置が可能となった。

最近の新幹線には食堂車などついていない。これも大衆化の流れなのだろうか。昔はきっと食堂車で食事をすることが一つのステータスだったのだのだ。長い距離を新幹線で移動し、外の景色を眺めながら食事をとる。それが旅の楽しみ方だった。今となっては単なる移動手段。そういう意味で、新幹線での旅情というものはすっかりなくなってしまったが、それは僕らが豊かになったからに他ならない。新幹線が特別な乗り物ではなくなった。食堂車が消えた理由はそこにあると思う。

空の旅でも同じことだ。LCCが出てくる以前から空の旅は簡素なものになっている。それは僕が語らずとも分かろう。


Linear-Tetsudo-42.jpg
続いて300系の車内。やたらと乗客がいるのは、ちょうどこの時、運転室に入れるイベントをやっていたから。


Linear-Tetsudo-43.jpg
車内に中に入ろうと思ったら、「お客様、こちらにお並びください」と声を掛けられた。どうやら30分待ちで、並ばないと車内には入れないらしい。魅力的だったが、小さい子連れの身として30分は無理だとあきらめ、車内の写真だけ撮ってきたというわけである。


Linear-Tetsudo-41.jpg
最後に700系。これはまさに現在の新幹線のコンフィギュレーションである。懐かしくもなんともなく、「あーこれこれ」と、何だか出張モードに入ってしまった。

いかんいかん。子供と来てるんだった…。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。