スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









世界一周の日本周遊(函館-羽田)

Category : 国内旅行
CIMG4551.jpg

函館は単なる経由地。すぐに羽田に飛ぶ。
荷物も丘珠から函館経由で羽田までスルーでチェックインしてある。

札幌から羽田へ行くのに函館を経由しているのがおかしなところである。
丘珠の地上係員は「何でこの人たち函館経由で羽田に行くんだろう?」
と疑問に思ったに違いない。
「新千歳から直行ありますけど…」と言わんばかりの顔をしていた気がする。

羽田まではトリプルセブン300だ。
羽田-函館線には昔、SRも飛んでいたからその需要の高さに驚いてしまう。
トリプル300を飛ばせる需要があるのだ。
そしてダッシュエイトからトリプルセブンに乗り換えると機内の広さにも驚いてしまう。

座席は一番後ろから何番目かは忘れたが、後の方にある2人掛けを選んだ。
実はトリプルセブンの普通席はあまり好きではない。
僕は3人掛けが嫌いなのだ。
なので、数少ない後ろの2人掛けをなるべく選ぶようにしている。
「2人ならB6がいいよなぁ」とよく思っていた。


mixi20071004-02.jpg

お土産の話。
北海道に来ると必ず五勝手屋の羊葵を買って帰る。
昔、函館空港でパイロットが買っているのを見て、
「これは美味しいに違いない」と初めて買ったのがきっかけである。
ひもで切って食べるユニークな羊羹だ。
レトロな包装がとても可愛い。
もちろんとても美味しい。

一時、常温で置いておくとカビが生える問題が発生して販売停止になっていた。
僕もそのカビを報告した人の一人。
電話をしたら1000円のギフト券が送られてきてラッキーとも思ったが、
それよりもこの羊羹を食べられなくなることの方が残念だった。


CIMG4559.jpg

間もなく羽田。
雲の切れ間から霞ヶ浦が見えた。
霞ヶ浦は日本で2番目に大きな湖である。
上からみても確かにデカい。


CIMG4565.jpg

羽田に到着。
この旅行の前年(2004年)の12月、羽田空港の第二ターミナルがオープンした。
綺麗なターミナルに心が躍った。
乗ってきた飛行機ではないが、こちらもトリプルセブン300。
スマートな胴体がカッコいい。
トリプルセブン300は、ボーイングで一番シルエットがカッコイイ機体なんじゃないかと思う。
今日は2レグのみで終了。


CIMG4572.jpg

宿泊は羽田エクセルホテル東急。


CIMG4575.jpg

エプロンが見える郎屋を選んだ。
「部屋から飛行機が見えるなんて最高だ!」と感動した。
エアバンドを持って行ったので部屋で聞いていた。
タキシーウェイの名前と位置が分からないので、頭の中で絵が作れなかった…。
羽田のグランドは僕には難しすぎた。



どうか押して下さい。やる気出ます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。