ANAスタッガードビジネスクラス【フルフラットベッドで犯した過ち】

Category : ビジネスクラス
それではスタッガードシートをスリーピングモードにしてみよう。ANAのスタッガードでは単にフルリクライニングさせて寝られるだけではなく、専用の敷きパッドが用意されており、より快適な睡眠環境を作ってくれる。憎い演出にますます日系エアラインにビジネスに乗りたい欲が出てきてしまった。正直、「デルタから卒業したい」と思ってしまったのだ。


2015JAN-NH278-051.jpg
こんな風に敷くのか?実は表と裏が分からなくて「きっとこの日本風の模様が表に違いない」と確信しこのように敷いてしまった。


2015JAN-NH278-052.jpg
斜め前から見るとこんな感じ。敷きパッドを使うと座面の凹凸がなくなり非常に快適なベッドになるのである。


2015JAN-NH278-053.jpg
座席の使用説明書を見るとベッドパッドの使い方が書いてあった。メッシュの面が表であると書いてある。

僕が表にした面は実は裏だったのだ!!!

CAさんが来て、

「いつもお乗りではないのですか?」

と聞かれた時のために、

「いつもファーストなんでね」

という返しは必ず用意しておこう。(以前も何かの記事で書いたなこのセリフ…)


2015JAN-NH278-054.jpg

ということで気を取り直してちゃんと表面を上にしてみる。確かにメッシュの面を表にするのが正しそうだ…。僕はてっきり日本風の柄を表にした方が見た目がイケてる、と思ちゃったんだけれども…。

はい、正しくベッドになったところで本気で寝ることにしましょうか。ちなみに横の肘掛は下にスライドするようにできていて、肩のスペースをより広くできるようになっている。その仕掛けはどのエアラインにもある仕組みであるが、肩のスペースの広さは最も重要であるので、このような長方形のベッドでも肩だけ広くなることは大変ありがたいことだ。

写真を撮ってると周りからの

「オマエ、ビジネス初めてなんだろ?」

みたいな視線が痛いぜ。

「いつもファーストなんでね」

何度も言うがそのセリフは常に口から出るようにしておきたいものだ。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索