スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ANAスタッガードの長所短所【前にスライドするテーブルが一番便利】

Category : ビジネスクラス
僕が考えるANAのスタッガードの一番良いところ、そして悪いところをひとつずつ言いたい。

ではまず初めに一番悪いところ。


2015JAN-NH278-082.jpg
それは前の座席が丸見えなこと。せっかくのプライベート空間なのにこんな風に隙間があったら台無しじゃないの。前の人が何の映画を見てるかが丸見えなのはちょっと苦しい。つまり前の人が丸見えということは僕も斜め後ろの人から丸見えなわけで、何となくそれが嫌なのである。

別にエッチな映画を見てるわけじゃないので、あまり気にするようなことではないが、やはり前の人が見えてしまう座席の構造はどうにかして欲しい。簡単なことなのに何故それができないか、やや不思議である。部品の共通化とかそういうコスト的な問題なのだろう。


続いて一番良いところ。

2015JAN-NH278-081.jpg
一番良いところはテーブルだ。通常ビジネスクラスのテーブルは座席の横から出てくることが多いが、ANAのテーブルは何と前から出てくる。

それの何がいいかというと、ご飯を食べている間に席を立てることだ。横から出てくるタイプのテーブルは一度出してものを上に置いてしまうと二度と出られない。しかし前から出てくるタイプのテーブルは、テーブルを前に押し戻すことで、テーブルとシートの間に十分な隙間ができ、簡単に通路に出ることができるのである。

とにかくビジネスクラスの食事の時間は長い。もっと早く出してくれと何度思うことか、それについては限られたクルーが、いちいちうるさい客のリクエストに答えているのだから仕方がないのだが、それならば好きな時にトイレくらい行かせてくれよと思ってしまう。

僕は飛行機に乗ると結構頻繁にトイレに行く方。もちろん食事前には必ず行くのであるが、ときどき食事中にもトイレに行きたくなる時があり、そんなときはまず間違いなく我慢をせざるを得ないのだ。しかしANAのスタッガードに座ればその不満は解消される。いつでもトイレに立てるのである。

また、PCを叩いているときにもトイレに立つのが容易である。いつもならば、PCをたたんでシートの上に置いて、テーブルを持ち上げて席を立たなければいけないところをANAのスタッガードではテーブルを前に押し出すだけでいいのだ。これは画期的だなと思った。まさに日本人のかゆいところに手が届くプロダクトであると感じた。


一通り言いたいことを言った後で、アメニティキットの紹介。

2015JAN-NH278-083.jpg
ロクシタンのポーチに入ったアメニティキット。中には一体何が入っているのだろう。


2015JAN-NH278-084.jpg
早速開けて中身を見てみよう。下から歯ブラシ、コットン、ハンドクリーム、リップクリーム、ティッシュ、耳栓、そしてアイマスクである。最近では必要最低限のアメニティキットになって僕としても嬉しい。

実質使うのは、耳栓とアイマスクくらい。後は家に帰って嫁さんが欲しいと言えばあげるし、いらないと言われれば捨てている。僕は最近、歯ブラシもマイ歯ブラシを持って乗り込んでいるので実は歯ブラシすらいらない。アイマスクも耳栓も場合によってはしない時もあるので、実はアメニティキットは不要なのである。必要な人に配ればいいのになぁと思う。そこはビジネスクラスの「格」だから削れないのかも知れないけど…。


2015JAN-NH278-085.jpg
最後に。ウォシュレット。噂では787が最初にウオシュレットを搭載した飛行機だと言われることもあるが、実は777-300ERが初めてである。787の記事を書いた時にIOJの777-300ERのJA785Aが初めての機体であるとの指摘を受けた。そう、ウォシュレットは787ではなく777が発祥なのである。

あれこれ文句をつけてしまった感じがするが、長所、短所ともどうかご参考まで。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。