スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









翼端に特徴あるB777-300ER【ANAビジネスクラス搭乗記】

Category : ビジネスクラス
今回のフライトでは窓側に座っていないで景色の写真がまともにない。そんな僕にとって唯一写真が撮れるのがドアの窓からである。


2015JAN-NH278-123.jpg
この小さなドアから頑張って外の景色を撮る。


2015JAN-NH278-121.jpg
ナンバー3ドアからの眺めはこんな感じだ。翼だけ・・・。


2015JAN-NH278-122.jpg
翼端にズームすると翼端が変わった形状になっているのが分かる。これは777-300ERの大きな特徴である。レイクドウィングチップと呼び、上反角と後退角を持たせた787にも採用されている特有の形である。

エアバスの最新鋭機A350でもいまだにウィングレットを使っているが、ボーイングの最新鋭機では大体この形になっている。どちらが「翼」として出来がいいのか「よく」分からないなんて洒落は置いておいて、昔に比べて両者の翼のコンセプト自体が随分と変わってきたように思う。737MAXの翼端だって妙な形をしているし、ボーイングとエアバスの翼端デザインはどんどん離れていっているのがよく分かる。


2015JAN-NH278-124.jpg
こちらはナンバー2ドアから見たエンジンと翼。ナンバー2ドアからは遠すぎてちょっと見えにくいのが残念だ。


2015JAN-NH278-125.jpg
シベリア上空は雪景色。日本はもうすぐそこである。


2015JAN-NH278-126.jpg
しかし随分と窓に傷が付いている。せっかくの景色に傷だらけのまどはやや残念だった。


2015JAN-NH278-128.jpg
やっと電気が点けられて明るくなった機内。実はこれはもう2回目の機内食が終わったあとの機内の様子だ。ビジネスクラスとは言え、何だかぐったりした感じが出ている。やはり飛ぶ時間帯が疲れを誘うのだ。現地を夜に発つ夜行便はどうも調子が出ない。僕もビジネスクラスなのに何だかぐったりしていた記憶だけが残っている。

僕は座席に移動し体調不良を憂いていた。


いつも見て頂きありがとうございます。
↓ポチっと押すとランキングに一票入ります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト









Comment

非公開コメント

サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
プロフィール

航空ブロガー

Author:航空ブロガー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Google+
GoogleAnalytics
サイト内検索
イケてる航空旅行研究所内の記事を検索できます。
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。